多くの女性にとっての"ミドルクラスへの安定した道"が消滅しようとしている

働く女性

オフィスでデータ入力の仕事をする女性たち(オハイオ州クリーブランド、1958年1月22日)。

Underwood Archives/Getty Images

  • アメリカではここ20年で210万人以上の事務関連の仕事が消えた。これらの仕事は、多くの女性 —— 特に大学の学位を持っていない女性 —— にミドルクラスへの安定した道を提供してきた。ワシントン・ポストが報じた
  • 米労働省のデータによると、事務補助や受付係、簿記係、役員補佐、秘書といった仕事は人員削減の波に襲われた。
  • この流れは大不況のあと、経済成長が持続しても止まることはなく、こうした類の仕事は復活せず、完全に失われたのかもしれない。
  • 労働統計局では、今後10年で事務関連職の60万8000人以上が削減されるだろうと予想している。

アメリカではここ20年で210万人以上の事務関連の仕事が消えた。これらの仕事は、多くの女性 —— 特に大学の学位を持っていない女性 —— にミドルクラスへの安定した道を提供してきた。ワシントン・ポストが報じた

米労働省のデータによると、事務補助や受付係、簿記係、役員補佐、秘書といった仕事は人員削減の波に襲われた。そして、この流れは大不況のあと、経済成長が持続しても止まることはなく、こうした類の仕事は復活せず、完全に失われたのかもしれない。

同紙によると、事務関連職の約70%を女性が占めている。

こうした仕事の多くは、自動化されたり、アウトソーシングされてきた。労働統計局では、今後10年で事務関連職の60万8000人以上が削減されるだろうと予想している。専門家は、テクノロジーがこうした役割に取って代わるだろうと指摘する。

HFSリサーチの創業者兼CEOのフィル・ファーシュト(Phil Fersht)氏は、「事務関連職をロボティック・ソフトウエアで置き換えるのが新たなトレンドになっている」と、ワシントン・ポストに語った。「スタッフ600人を基本的にチャットボットで置き換えたブラジルの銀行とわたしは最近出会った」と話している。

事務関連職にも大学の学位を要求する企業が増える中、従業員の能力アップが残りの事務関連職を守るバリアになっている。

MITの経済学者デービッド・オーター(David Autor)氏は、「大学で教育を受けていない労働者にとって、チャンスは縮小し、狭まっている」と語った。

[原文:A key pathway into the middle class for many women is vanishing

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み