20万ドルの住宅ローンを4年で返済した夫婦が贈る3つのアドバイス

アンディ・ヒルと家族。

アンディ・ヒルと家族。

Courtesy of Andy Hill

  • ミシガン州に住むヒル夫妻は、4年弱で19万5000ドル(約2130万円)の住宅ローンを返済した。年間世帯収入は約15万ドル(約1640万円)だった。
  • アンディとニコールは、2013年に4ベッドルームの家を35万ドル(約3800万円)で購入した。
  • 彼らは2014年1月に最初の住宅ローンの支払いを行い、2017年11月に最後の支払いを終えた。
  • ヒル夫妻がそれをどのように行ったか、そして同じことをしようとしている他の人たちへのアドバイスを紹介しよう。

2013年、アンディ・ヒルと妻のニコルは、自分たちの小さなバンガローから、デトロイト大都市圏にある2600平方メートルの牧場風の家に引っ越すことを決めた。1歳の子どもが1人いて、もう1人を妊娠中だったので、2人は家族のために、より良い、より新しい家を買うことにしたのだ。

2人は15万5000ドル(約1700万円)を支払い、19万5000ドル(約2130万円)の住宅ローンを組んで、寝室が4つある35万ドル(約3830万円)の家を購入した。アンディは当時(今でもそうだが)営業部長で、ニコルは引越した直後に主婦になった。

アンディはBusiness Insiderに、金利3%の15年ローンを組んだが、5年以内に完済するという目標を設定した、と述べた。年間世帯所得が15万ドル(約1640万円)から18万ドル(約1970万円)で月々の住宅ローン返済額は1900ドル(約20万円:税金、保険を含む)に及ぶ。アンディはBusiness Insiderの取材に対し、借金がなくなるまでの道のりには、経費の追跡、予算の作成、ニコールとの明確な計画が必要だったと述べた。実際、2人は毎月「予算パーティー」を開いて、毎月の収入を割り振った。夫妻は2014年1月に初めて住宅ローンを支払い、2017年11月に最後の支払いを済ませた。

アンディが教えてくれた、できるだけ早く住宅ローンを完済したいと考えている人への3つのアドバイスを紹介しよう。

1)収入を増やすか、出費を減らす

できるだけ早く住宅ローンを完済するためには、収入を増やすか、支出を減らすことが必要だとアンディは言う。アンディとニコルは、両方をした。

ボーナスであれ、税金の還付であれ、ガレージセールで物を売って得たお金であれ、アンディは、入ってきた余分なお金は住宅ローンの支払いに充てた。

彼らの節約戦略には、ケーブルテレビの解約、昼食は外食ではなく弁当、安い食料品店での買い物、携帯電話や保険の見直し、などがあった。

アンディはブログの投稿で「経費を削減することで、毎月追加で元金を返済できる。これは住宅ローンの減少に大きな影響を与えた」と述べた。

2)計画を書き出す

アンディとニコルが計画を書き出したとき、それはリアリティを持つようになった。

アンディは、必要なときに計画を調整することができるように、ニコールとのコミュニケーションを保つことが重要だったと説明した。

「計画を立てて、それを書き出して、パートナーがあなたと同じ場所にいることを確認するべきだ」とアンディはBusiness Insiderに語った。

3)継続する理由を明確にする

アンディはBusiness Insiderに対し、5年以内に住宅ローンを完済するのはエキサイティングだが、そこに至るプロセスはそれほどスリリングではないと語った。できるだけ早く住宅ローンを完済しようとしている人たちに彼がアドバイスするのは、理由を見つけるということだ。

「それには理由が必要だ」と彼は言った。「あなたには理由があるだろう。完済したら、何をするのか。家族は何を得ることができるのか」

アンディとニコールには、その質問に対する多くの答えがあった。住宅ローンを返済することで、家族旅行を増やしたり、最初の不動産投資のために貯金したり、退職後のために貯蓄したり、子どもの学費のためにお金を貯めたり、寄付を増やしたりすることができるようになった。

[原文:A Michigan couple paid off their $200,000 mortgage in less than 4 years on a combined salary of $150,000. Here's how they did it — and their tips for anyone trying to do the same.

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み