LINEとヤフー親会社の経営統合。時価総額1.5倍差でも“対等”の思惑とは

会計とファイナンスで読むニュース

撮影:三ツ村崇志

2019年11月18日、Yahoo! Japanなどを運営するヤフーの親会社Zホールディングス(以下、ZHD)とLINEは、両社が経営統合することを基本合意したと発表しました(※1)。

日本におけるポータルサイト、およびメッセンジャーアプリを抱えるリーディングカンパニー同士の統合——ニュースのインパクトは大きく、「国内最強のスーパーアプリの誕生か」「PayPayとLINE Payはどうなるのか」など、話題は尽きません。

果たしてこの決断の裏には、ZHDとLINEのどのような狙いがあるのでしょうか?

そこで今回は、両社の経営統合のニュースを「会計」と「ファイナンス」の視点で読み解いていくことにしましょう。

図表1

一部報道では「Yahoo!とLINEが経営統合」と書かれているものも。厳密には、LINEと経営統合するのは、Yahoo!Japanを運営するヤフー株式会社やアスクル等を傘下に持つ持株会社であるZHDだ。

(出所)Zホールディングス株式会社「2019年度 第2四半期決算説明会資料」p.3

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み