インスタグラムで人気のD2Cブランドを集めた"新しいデパート"がマンハッタンにオープン、行ってみた

ネイバーフッド・グッズ

Bethany Biron/Business Insider

百貨店は死にかけているかもしれないが、トレンディーなアイテムを集めたマーケットというコンセプトは盛況だ。

ニューヨークのマンハッタンでは12月中旬、自らを「百貨店の新たなタイプ」と称するネイバーフッド・グッズ(Neighborhood Goods)がオープンした。アメリカでは今、こうした実験的な小売店が急速に増えている。

ネイバーフッド・グッズには、アパレル、ビューティー、ホームグッズ、ペット、フィットネスなど、さまざまな分野の40以上のブランドが揃う。マンハッタンの店舗は同社にとって2店舗目だ(1号店は2018年11月、テキサス州プレイノでオープンした)。

ニューヨークでは半年前、D2Cの人気アイテムが揃う4階建ての巨大小売店「ショーフィールズ(Showfields)」がオープンしている。ネイバーフッド・グッズの創業者マット・アレクサンダー(Matt Alexander)氏によると、インスタ映えしそうな雰囲気や、新進気鋭のブランドのアイテムであふれているところは似ているが、ネイバーフッド・グッズの方がより"コミュニティー感"があるという。

Business Insiderは、オープンから1週間後に店を訪ねた。


ネイバーフッド・グッズは、観光客でにぎわうマンハッタンのチェルシーマーケットにある。

チェルシーマーケット

Bethany Biron/Business Insider

店には9番街から入ることもできるし、チェルシーマーケットの中を通って行くこともできる。

ドア

Bethany Biron/Business Insider

わたしたちは中を通って行くことにした。入口は輝いている。

入り口

Bethany Biron/Business Insider

店内に入ると、すぐに「Pop Up Grocer」が目に入った。ビーツやタイムのクッキーや、CBDスナックなどが売られている。

Pop Up Grocer

Bethany Biron/Business Insider

アレクサンダー氏によると、ブランドの取り合わせや商品のセレクションはそれぞれの店の消費者に合うよう慎重に決めているという。マンハッタンの店舗とテキサスの店舗では重なる部分もあるが、それぞれにカスタマイズされている。

店内を進んでいくと、スキンケアと化粧品のコーナーがあった。

カウンター

Bethany Biron/Business Insider

いろいろな商品を試せるように、買い物客用のシンクまである。

洗面台

Bethany Biron/Business Insider

いろいろな商品が揃っていて……

陳列棚

Bethany Biron/Business Insider

男性向けのアイテムも充実している。

陳列棚

Bethany Biron/Business Insider

店内のあちこちに、ピンク色の紙袋が置かれたラッピング・コーナーがある。

ラッピング用品

Bethany Biron/Business Insider

店は全体的に温かな雰囲気で、40を超えるブランドが分かりやすく並べられている。

売り場の様子

Bethany Biron/Business Insider

デニムバーには「Boy Smells」のキャンドルも置かれている。

デニムバー

Bethany Biron/Business Insider

店内には、客の質問に答えたり、ネイバーフッド・グッズのコンセプトを説明してくれるフレンドリーな店員が複数いる。

店内の様子

Bethany Biron/Business Insider

「The Tot」の服など、子ども向けのコーナーもある。

The Tot

Bethany Biron/Business Insider

「DSTLD」や「Modern Citizen」「Mott & Bow」といったD2Cの人気アパレル・ブランドも充実している。

店内の様子

Bethany Biron/Business Insider

「The Arrivals」の素晴らしいジャケットもあった。

5dfa66ca71a5ca27fa4d8568-1

Bethany Biron/Business Insider

店内のあちこちに木製パネルが使用されていて、飾り気のない素朴な雰囲気を生み出している。

木が多用された店内の様子

Bethany Biron/Business Insider

斬新かつ奇抜なアイテムも数多く揃う。

派手な色使いのニット

Bethany Biron/Business Insider

ネイバーフッド・グッズの中で、一番良く知られているブランドは「フォッシル(Fossil)」だろう。空をテーマにしたアクセサリーが並んでいた。

アクセサリー

Bethany Biron/Business Insider

カスタマイズ加工のためのマシーンまで置かれていた。

マシーン

Bethany Biron/Business Insider

もちろん、クラシックな腕時計もある。

腕時計

Bethany Biron/Business Insider

「Rothy's」の靴の壁がなければ、本物のトレンディーなマーケットではない。

Rothy's

Bethany Biron/Business Insider

「UrbanStems」のグリーンの壁も魅力的だ。

グリーン

Bethany Biron/Business Insider

出口に向かう途中で、自宅でワークアウトができる約4000ドル(約44万円)のマシーン「Tonal」のお試しコーナーがあることに気付いた。

Tonal

Bethany Biron/Business Insider

Tonalのスタッフが仕組みを説明し、デモンストレーションを見せてくれた。

Tonal

Bethany Biron/Business Insider

ショルダー・プレスを実演。

実演

Bethany Biron/Business Insider

Tonal以外では、この「Master & Dynamic」のヘッドフォンしかテック関連の商品は見つからなかった。

Master & Dynamic

Bethany Biron/Business Insider

グリーンの壁の近くには、インスタグラムで有名な「Homesick」のキャンドルが並んでいた。特定の場所や地域の香りがするという。

Homesickのキャンドル

Bethany Biron/Business Insider

くたくたに疲れた買い物客のために、座って休めるソファもある。

ソファ

Bethany Biron/Business Insider

最後は時間がなくなり、わたしたちはネイバーフッド・グッズをあとにした。また遊びに来たい。

建物外観

Bethany Biron/Business Insider

ネイバーフッド・グッズでは、2020年にテキサス州オースティンに3号店をオープンする計画だ。

編集部より:初出時、半年前にニューヨークでオープンした巨大小売店を「スノーフィールズ(Snowfields)」としておりましたが、正しくは「ショーフィールズ(Showfields)」です。お詫びして訂正致します。 2020年1月6日 10:08

[原文:Inside the trendy retailer that wants to create a 'new type of department store' with brands that are hugely popular on Instagram

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み