メンバーの前で号泣。「終わった」と思った瞬間と涙で気づいた「弱さ」の力

この記事はBI PRIME記事です。

2020年1月30日以降は、一部の記事を除き有料メンバーのみお読みいただけるようになります。

小沼大地

1982年生まれ。一橋大学卒業後、青年海外協力隊員としてシリアで活動。マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、2011年クロスフィールズ設立。社会人を新興国に派遣する「留職」開始。

撮影:今村拓馬

最大のピンチは、創業3年目に訪れた。

「毎日、オフィスに行くのが苦しくて仕方なかった」と、小沼大地(37)は当時を振り返る。

団体設立からの1、2年は「小さないかだで急流を下っているようなもの」(小沼)で、職員全員が事業を軌道に乗せるために必死だった。しかし、3年目に入り少し余裕が出てくると、人間関係の不満や方向性への疑問が次々と出てくるようになった。

ある職員は「ここで働いていて意味があるのか、分からない」と訴えたが、小沼にはなすすべもなかった。誰よりも小沼自身が、職員との関係を築けなくなっていた。

「メディアでは『キラキラ社会起業家』としての僕が理想を語って、オフィスに戻るとみんながシラーッとしていた」

そんな状態が1年ほど続いた2015年6月、職員一同は毎年恒例の合宿で、三浦海岸を訪れた。ミーティングで小沼が「団体のいいところを言おう」と提案すると、メンバーが反論した。

「いいところを言っても意味ないと思います」

「その瞬間の恐怖といったら……」と、小沼は今もこの話になると、いたたまれないといった様子を見せる。

口々に責められた小沼は「もうどうしていいか、分からないよ」と泣き出してしまった。

「この時、自分は終わったと思いました」

「明るく前向き」の盲点、弱くて強いリーダーへ

クロスフィールズ

創業記念パーティーの写真。「設立時のメンバーはほとんど残っておらず寂しい」と小沼は言う。松島も現在、英国に留学中だ。

撮影:今村拓馬

小沼は、当時を振り返って「すべては僕のリーダーシップのあり方が原因だった」と総括する。

子どもの頃から周囲に「前向きで明るい」と言われ続け、自分でもそう思ってきた。さらにマッキンゼー勤務の3年間で「課題解決マシーン」と化した彼は、部下に悩みを相談された時も、あくまで明るく前向きに「解決」しようとした。

「大丈夫!必ずうまくいくよ。なぜそういう事態になったのか、もう少し分解して考えてみようか。一つ一つの問題を解決するためには、何が必要かな。そのためには今、何をすべきだろう?よし、じゃあそれをやろう!」

このプロセスは一見効率的なようで、大事なことが抜けている。

クロスフィールズ

小沼が描いたクロスフィールズの変化。ピンチを乗り越える前は「目標を載せた船を、職員全員で持ち上げていた」(左)が、今は「乗船する1人1人が輝くためのプラットフォーム」(右)だという。

撮影:今村拓馬

「そうだったんだ。大変だったね。よく相談してくれたね。君は大丈夫?」—— 悩みを受け止め、共感したという意思表示だ。

「メンバーは、僕がどんな悩みもポジティブに変換しようとするので、相談も不満も言い出しにくかったそうです。本当に大事なのは、人の気持ちを聞くことだった」

小沼の涙は、職員に「自分たちの訴えは、確かに伝わった」という安心をもたらした。その後もごたごたは続いたが、少しずつ職場の雰囲気は上向き始めたという。

創業5年目の2016年、組織のピンチを乗り越えたと小沼が感じた時、あるメンバーが言った。

「あそこで(小沼が)泣かなかったら、全員辞めていたね」

小沼は次のように語る。

「それまでは前を向いてぐんぐん進む、強いリーダーになろうとしていた。でも仲間のネガティブな感情も自分の弱さも認めることが、メンバーの安心感につながるのだと分かり、今は『弱くて強いリーダー』を目指しています」

戦場と化したシリア、再会した友の意外な言葉

小沼大地

2017年、7年ぶりに再会したシリアの親友と。彼は戦争の愚かさと、平和への願いを繰り返し語った。

小沼さん提供

一方、小沼の第二の故郷であるシリアでは、2011年から内戦が始まった。村人が「ここには何でもあるだろう」と自慢したあの村にも、戦火は広がった。身を隠すのに好都合だからか、村の周辺に広がるオリーブの森は、格好の戦闘場所になった。

小沼が最も親しく付き合っていた親友とその家族も、やむなく村を離れて国内で避難生活を送るようになった。小沼は気をもんだが、断片的な情報しか伝わってこなかった。

2014年、これまで頼みごとなどしたことのなかった彼から突然「生活が苦しい。助けてほしい」とメールが届く。必死さが伝わる文面に、ただならぬものを感じた小沼は半年に一度、送金を始めた。

一度、送金が遅れた時は「本当に恥ずかしいが、どうしてもお金が必要なんだ。半額でもいいから送ってほしい」という切迫したメールが何通も届き、送金が彼ら一家の命綱になっていることが伝わってきた。同時に小沼は、自分が彼の「支援者」になってしまい、かつての関係が壊れていくような感覚も味わったという。

しかしこの直後、レバノンで彼と再会すると、2人はかつてのように、友人として同じ地平に立っていた。一緒にいた3日間、共通の友人の話や家族の話、バカ話に興じた。友人からはお礼とともに、こんな言葉もあった。

「きっとお互いが死んでからも、子どもたちは僕らのことをずっと語り継ぐだろうね」

国を超え、支援・被支援という関係を超えたところで「つながる」とは —— 。お互いを、分かり合おうとすること。親しみ合うこと。思い続けること。

友人の言葉は、小沼がクロスフィールズを通して投げかけ続けてきた「問い」の、一つの答えなのかもしれない。

価値観の物差しを「逆さま」に持ち替える

小沼大地

撮影:今村拓馬

「10年後の世界を、あまりポジティブには考えられない」と、小沼は言う。

「格差を助長するという資本主義の負の側面は、強まる一方です。欧米も日本も、中間層を前提とした社会が崩れ、民主主義が正常に機能しなくなっている。世界的な歪みのしわ寄せを受けたのが、内戦で国をめちゃめちゃにされたシリアの人々です。流れに歯止めをかけるのは、簡単ではありません」

だが一方で、自分と親友のように、違う世界に住む人々が「つながる」ことで、事態を少しずつ変えていけるのではないか、という希望も抱いている。小沼は「すべての人々が、お互いを理解し合えるとは思いません。でも僕は異質な人同士が共感し、つながり合う可能性を、諦めたくない」と話した。

小沼自身が、貧しいシリアの人々を「日本人より幸せだ」と感じたように、違う世界を知ることは「自分の中にある価値観という物差しを逆さまに持ち替えたり、別の物差しを見つけたりする」(小沼)ことにもつながる。

「人々が新しい価値に気付くための、きっかけ作りが僕の役割だと思う。それによって世界を変えようとする人が増えていけば、資本主義も良い方向に動き出すかもしれません」

(文・有馬知子、写真・今村拓馬)

有馬知子:早稲田大学第一文学部卒業。1998年、一般社団法人共同通信社に入社。広島支局、経済部、特別報道室、生活報道部を経て2017年、フリーランスに。ひきこもり、児童虐待、性犯罪被害、働き方改革、SDGsなどを幅広く取材している。


小沼大地さん登壇決定!

2020年1月31日(金)、渋谷ストリームにて開催されるBusiness Insider Japanのビジネスカンファレンス「BEYOND MILLENNIALS 2020」の対談セッションに、NPO法人クロスフィールズ共同創業者・代表理事の小沼大地さんと「探究学舎」代表・宝槻泰伸さんが登壇します。

詳細・お申し込み方法は特設サイトにてご確認ください。

89fc9939e1312ca6a77b1e3ed025e589655f030b09201a19774a10eab6c8bb1e-7

■BEYOND MILLENNIALS特設サイト

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み