子どもに財産は残さない! 11人のものすごく裕福な人々

ザッカーバーグ一家

Facebook

多くのビジネス界の有力者やビリオネア、有名人が、財産を自分の子どもに残すべきでないと考えている。

例えば、フェイスブック(Facebook)のCEOマーク・ザッカーバーグと妻プリシラ・チャンはギビング・プレッジ(Giving Pledge)にサインしている —— つまり、夫妻はその巨大な富の多くを寄付すると約束している。

Business Insiderでは、財産を自身の子どもに残すつもりのない11人のミリオネアとビリオネアをまとめた。

(敬称略)


イギリスの料理研究家ナイジェラ・ローソンは、自身の3人の子どもには経済的安定のために働いてもらいたいと考えている。

ナイジェラ・ローソン

「自分でお金を稼がないと、人はダメになる」

AP/Sang Tan

純資産:1500万ドル

有名シェフのゴードン・ラムゼイは、飛行機を利用する際、自分と妻はファーストクラスに乗っても、5人の子どもはエコノミークラスを利用させる。

ゴードン・ラムゼイ

「意地悪ではなく、子どもたちを甘やかさないためだ」

AP/Richard Shotwell/Invision

純資産:6300万ドル

俳優のアシュトン・カッチャーは、2人の子どものためのトラストファンドすら設立するつもりはない。

アシュトン・カッチャー

「子どもたちは本当に恵まれた生活を送っていて、そのことに気付いてすらいない」

Steve Jennings/Getty Images for TechCrunch

純資産:2億ドル

ミュージシャンのスティングは、6人の子どもにお金は一銭も残さず、使ってしまう計画だ。

スティング

「子どもたちは働かなければならない」

Reuters/Norsk Telegrambyra/AS

純資産:3億ドル(2014年現在)

2人の息子がいるミュージシャンのエルトン・ジョンは、「子どもに銀のスプーンを与えるのはダメ」だとの考えを2016年、デイリー・ミラーに語っている。

エルトン・ジョン

「普通であることや、お金、仕事に対するリスペクトを持たなければならない」

David Wolff - Patrick/Contributor/Getty Images

純資産:4億5000万ドル(2014年現在)

イギリスの作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーは、5人の子どもたちは財産を彼らに残さなくても気にしないと2008年、デイリー・メールに語った。

アンドリュー・ロイド・ウェバー

「子どもたちに突然、大金が転がり込むようなことはしたくない。働くインセンティブがなくなってしまうから」

Reuters

純資産:8億2000万ポンド

『スター・ウォーズ』シリーズの生みの親ジョージ・ルーカスは、財産を自身の4人の子どもに残すのではなく、他の人々の子どもたちの教育のために使う計画だ。

ジョージ・ルーカス

Reuters/Dylan Martinez

純資産:64億ドル

大統領選に立候補しているマイケル・ブルームバーグも、財産を自身の2人の娘ではなく、慈善活動に寄付する計画だ。

マイケル・ブルームバーグ

Reuters/Henry Romero

純資産:540億ドル

フェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグと妻プリシラ・チャンは2015年、財産は娘ではなく、慈善活動に寄付するとフェイスブックに書いている。「わたしたちには、次の世代の全ての子どもたちに対する道義的責任があるからだ」という。

マーク・ザッカーバーグ、プリシラ・チャン

Facebook

純資産:760億ドル

"投資の神様"ウォーレン・バフェットは、財産の多くを自身の3人の子どもではなく、親友ビル・ゲイツの財団に残すつもりだ。

ウォーレン・バフェット

Reuters/Rick Wilking

純資産:889億ドル

マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツはビリオネアだが、3人の子どもたちはミリオネアにしかならない。

ビル・ゲイツ

「子どもたちに大金を残すのは、彼らのためにならない」

Shutterstock Rex for EEM

純資産:1130億ドル

[原文:11 ultra-wealthy people who aren't leaving their fortunes to their children

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み