BI Daily Newsletter

ユニクロ柳井氏、ソフトバンクG社外取を「退任」する理由

YANAI

ソフトバンクグループの社外取締役を退任する、ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏。

ユニクロ提供

ソフトバンクグループ(ソフトバンクG)は12月28日、社外取締役の柳井正氏=ファーストリテイリング会長兼社長=が、社外取締役を退任すると発表した。退任日は12月31日付け。柳井氏側から、退任したいと申し出があり、受け入れた。ソフトバンクG広報によると、「本業に専念したい」との説明があったという。柳井氏は2001年から18年間に渡り、ソフトバンクグループの社外取締役を務めたことになる。

ソフトバンクGの孫正義会長兼社長は、早くから社外取締役を導入。柳井氏をはじめ、かつては日本電産の永守重信会長や日本マクドナルドの藤田田元社長ら、経済界の大物が社外取締役を務めてきたことで知られる。柳井氏の退任にあたり、柳井氏と孫氏の両者の間で直接、話し合いが持たれた模様だ。

ファストリ広報担当者は、柳井氏が退任を申し出た理由として「海外への拠点拡大と国内基盤をより強固にするため、本業に専念したいとお伝えした」と説明。ファストリは2019年にインド、ベトナムなど新たに4カ国に進出。2020年は国内でも大型店舗をオープンするなどビジネスの拡大路線に打って出ているという。

「柳井さんには怒られてばかり」

SON

出典:ソフトバンクグループ

ソフトバンクGの2020年3月期第2四半期決算は、売上高は前年同期とほぼ横ばい(4兆6517億円)ながら、最終利益は50%減の4216億円と厳しいものだった。孫氏自身が「今回の決算発表の内容は、ボロボロでございます。真っ赤っかの大赤字」と評している。

多額投資をしてきた米WeWorkのずさんな経営による上場延期や、同じく出資をしているインドのOYOグループが本国で訴訟を抱えるなど、ソフトバンクGを取り巻く経営環境は厳しさを増している。

孫氏は第2四半期決算会見の場でこんな言葉を漏らしている。

「SBG の取締役会では毎回、怖い柳井さんという社外取締役の方がいて、いつも口から泡を飛ばして怒られてばかりという状況。そのほかにもたくさん多くの社外役員、あるいは内部の役員も、特に今回 WeWork 問題について疲れ果ててしまうぐらい、ほぼ全員から責め立てられたということで、小さく反省して委縮しておるというのが最近の私自身でございます」(孫正義会長兼社長)

(文・滝川麻衣子、小林優多郎)

編集部より:孫正義会長兼社長の肩書きを訂正しました。 2019年12月28日 18:20
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み