ソニーがCES2020で発表したコンセプトカー「Vision-S」を見てみよう

ソニーが発表したコンセプトカー。

ソニーが発表したコンセプトカー。

Sony

  • ソニーCES 2020でコンセプトカーVision-Sを披露した。
  • このコンセプトカーは、新しいソフトウェアで自動車が絶えず更新される未来を想定している。
  • Vision-Sには、快適性と安全性のための内部および外部センサーを持っている。

ソニーが意外にも自動車を発表し、いくつかの革新的な機能が話題になっている。

CES 2020でデビューしたソニーのコンセプトカー「Vision-S」は、運転を車に任せながら、乗客の快適性と安全性に焦点を当てた電気自動車の未来モデルを提示している。

自動パーキングなどの機能は、並列駐車を恐れる人にとっては天の恵みのように感じられ、各座席の個々のスピーカーは、聞く音楽についての争いを即座に終わらせる。

この車はプロトタイプに過ぎないため、実際に購入できるかどうかはわからない。買えるようになったときのことを考えながら、Vision-Sの機能の一部を見てみよう。


ソニーのプロトタイプカー「Vision-S」のコンセプトは「進化を続ける車」だ。インターネットに接続し、ソフトウェアは随時アップデートされる

ソニーのプロトタイプカー「Vision-S」のコンセプトは「進化を続ける車」だ。インターネットに接続し、ソフトウェアは随時アップデートされる

Sony


ドライバーが車を自分の位置に呼び出し、すべての制御を行い、さらにはイヤホンからの音楽を車内でもシームレスに再生できるようになる世界を構想している

ドライバーが車を自分の位置に呼び出し、すべての制御を行い、さらにはイヤホンからの音楽を車内でもシームレスに再生できるようになる世界を構想している

Sony


この車にはLiDARセンサーが搭載されており、レーザー光を使って物体を検出し、その物体がどれくらい離れているかを測定する。

この車にはLiDARセンサーが搭載されており、レーザー光を使って物体を検出し、その物体がどれくらい離れているかを測定する

Sony


車内外に合わせて33個のセンサーを搭載している

車内外に合わせて33個のセンサーを搭載している

Sony


高速道路上で、前の車を安全な距離で追跡できる高度なクルーズコントロールが付いている

高速道路上で、前の車を安全な距離で追跡できる高度なクルーズコントロールが付いている

Sony


パーキング・アシスト機能もある

パーキング・アシスト機能もある

Sony


ソニーは、このセンサーによる360度の監視を「安全な繭(safety cocoon)」と呼んでいる

ソニーはこのセンサーによる360度の監視を「安全な繭(safety cocoon)」と呼んでいる

Sony


さらなる安全対策として、車内のセンサーがドライバーの表情や動作を監視し、集中力や覚醒度を測定する。ソニーによると、センサーは快適さのためのものでもあり、必要に応じて車内の温度を調節するという

さらなる安全対策として、車内のセンサーがドライバーの表情や動作を監視し、集中力や覚醒度を測定する。ソニーによると、センサーは快適さのためのものでもあり、必要に応じて車内の温度を調節するという

Sony


自動運転車が進歩するにつれて、車の内部は「リビングルームのような快適な環境に進化する」とソニーは予測している

自動運転車が進歩するにつれて、車の内部は「リビングルームのような快適な環境に進化する」とソニーは予測している

Sony


パノラマ画面とインターネット接続で、乗客は旅行中に映画やビデオを見ることができる

パノラマ画面とインターネット接続で、乗客は旅行中に映画やビデオを見ることができる

Sony


各座席には個別のスピーカーと画面があるので、乗客はそれぞれ自分が好きな音楽を聴くことも、同じメディアを共有することもできる

各座席には個別のスピーカーがあるので、乗客はそれぞれ自分が好きな音楽を聴くことも、同じメディアを共有することもできる

Sony


センサーにはAIが組み込まれているため、車はドライバーに合わせて進化する

センサーにはAIが組み込まれているため、車はドライバーに合わせて進化する

Sony


ソニーによると、同社の電気自動車プラットフォームは、SUVなど他のタイプの車にも対応できるという

ソニーによると、同社の電気自動車プラットフォームは、SUVなど他のタイプの車にも対応できるという

Sony


全輪駆動で4人の乗客を乗せることができるVision-Sは、かなり実用的な選択に思える

全輪駆動で4人の乗客を乗せることができるVision-Sは、かなり実用的な選択に思える

Sony


この車の最高速度は時速240kmで、4.8秒で時速100kmに到達する

この車の最高速度は時速240kmで、4.8秒で時速100kmに到達する

Sony

コンセプトカーなので、実際に製造まで至るかは不明だが、メーカーが何を考えているのかはとても興味深い。

[原文:Sony just surprised everyone by unveiling an electric concept car that has a massive entertainment system and can park itself (SNE)

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み