買ってよかったもの2019年トップ5、快適に仕事をするための必須アイテムとは

毎年恒例の人気コンテンツということで、今年も「買ってよかったものトップ5」について書きます。

いずれのアイテムも柴田が2019年に実際に購入して、とても満足度が高かったものを個人的な独断と偏見に基づいて紹介していきます。

2018年の記事はこちらからご覧ください。

【2018年】買ってよかったものトップ5を紹介します

2018年も書いた通り、私は物をたくさん買うことにあまり興味がないので、普段はほとんど何かを購入することがありません。一年の終わりのブラックフライデー(毎年11月の第4木曜日の感謝祭後の大規模なセール)の前後で大きな買い物をするというのがいつものパターンです。

アメリカに住んでいるので全てアメリカで購入した物ですが、日本でも購入できるものが多いので、そのまま同じ商品を紹介します。

ただし、日本で購入するとアメリカで購入するのと比較して値段が相当高くしまう物もあるので、是非類似商品でさらに安いものがないかチェックしてみてください。

【番外編】 三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリーム

ジェットストリーム

はじめに、番外編としてボールペンを紹介したいと思います。

すでに利用されている方も多いかもしれませんが、三菱鉛筆の「ジェットストリーム」(Amazon価格660円)

というボールペンを友達に教えてもらって購入して以来、ずっとこのボールペンを使い続けています。

個人的には割と紙でメモを取る方なので、ボールペンというのは無くてはならない物の一つではあるものの、アメリカで購入できる安価なボールペンはクオリティがとても低く、とても困っていました。

このボールペンに出会ってからは、4色ボールペンを自宅とオフィスとさらに鞄の中に常に入れておき、かつ黒ボールペンは自分が出現するであろうあらゆる場所に一本ずつ必ず置くようにしてあります。

特に黒ボールペンはそこまで値段が高くないので、大量に購入してあらゆる場所に置くようにしたところ、メモを取るときの気持ち良さが格段に向上しました。

第5位: Bushnell(ブッシュネル) Tour V4 距離測定器

ゴルフの距離測定器

第5位は「ゴルフの距離計測器」(Amazon価格51402円)です。

これまであまり真剣にゴルフをやってこなかったのですが、今年の後半になってからちゃんとゴルフの練習をするようになってきました。練習場では上手く打てるようになっても、実際にコースに出てみると練習場と同じように打てない!という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

コースで上手く打てないのは仕方ないのかもしれませんが、私が一番つらかったのは、自分がボールを打つ前にそのショットでどの位の距離を狙えば良いかを正確に定められないことでした。

練習場は100ヤード、200ヤードと距離が明確にマークされています。しかしコースには旗が立っているだけなので、グリーンまでの距離を測定して、それに合わせて使うクラブを選ぶということを毎回しなければならない、という当たり前のことに真剣にコースに出るようになって初めて気付いたわけです。

この計測器を買ってからは、少なくとも打つ前に今のショットは何ヤード分を打とうとしているのか、という計画をすることができるようになりました。まだ下手くそなので必ずしも計画通りに打てるわけではないのですが、少なくとも計画が立てられるようになっただけでも大きな進歩だと思っています。

こちらの計測器はスロープ機能が付いているので若干値段も高く見えますが、私はブラックフライデーで安く手に入れました。必ずしもスロープ機能は必要ないかもしれないので、類似のより安い商品を探してみるのも一つの手かもしれません。

第4位: Anker PowerPort Atom PD 2

アンカー

第4位は「USB-Cを含めた高速充電器」(Amazon価格4599円)です。

私は昨年まではあまり出張をしないようにしていたのですが、今年は割と出張が多く、出先でなるべく短時間に充電をしたいと考え、高速充電器を買ってみました。

Anker以外の他ブランドも似たような充電器を出していますが、やはりAnkerのものが一番売れていそうだったので、あまり考えずにAnker製品を買いました。

私は自分の周りのデバイスは、USB-C以外のケーブルはなるべく排除していく方向で動いているので、二つのポートともUSB-Cが充電できるものにしました。

この充電器にプラスして、MacBook Proを充電するためにThunderboltケーブルも購入してあります。通常のUSB-CケーブルでもMacBookを充電できることはできますが、やはりサンダーボルトケーブルの方が高速に充電できるので、あえて購入した次第です。

この充電器とケーブルのおかげで、出先におけるバッテリーの心配が大分減ったので、個人的にはストレス低減という意味で良い投資だったなと思っています。

第3位: Briggs & Riley Baseline

スーツケース

第3位は「スーツケース」です。

私はとてもケチなので、これまでは安いスーツケースを買って、壊れたら買い換えるという使い方をしてきましたが、今年は素晴らしいスーツケースに出会ったので思い切って買ってみました。

このスーツケースは色々な種類があるのですが、私が購入したのは車輪が四つ付いているタイプです。一番素晴らしいのは、この車輪が私が今まで見たことがあるスーツケースの中で最もスムーズに動くという点です。空港や街中でスーツケースを押しても全くストレスがありません。

スーツケースといえば、「TUMI」がお好きな方もいらっしゃるかと思いますが、私は圧倒的に「Briggs&Riley」(Amazon価格119999円)の方が大好きです。

このスーツケースは日本で買うととても高く、アメリカで買うとおそらく半額以下で買えると思うので、是非興味がある方はアメリカで購入する事も検討してみてください。

第2位: OKABASHI (オカバシ) サーフフリップフロップ O-50001

サンダル

第2位は「ビーチサンダル」(Amazon価格3888円)です。

私は1年のうち9ヶ月ぐらいはビーチサンダルで毎日生活しています。しかしビーチサンダルというのは実は平らすぎて靴のようにクッションがないので、体に悪いともよく言われていました。

そこで少しクッション性の高いビーチサンダルを購入してみたというわけです。

身体に良いビーチサンダルを選ぶという意味ではまだまだ初心者なので、もしダサくなくて身体に良いビーチサンダルをご存知の方がいらっしゃれば、是非教えてください。すぐ購入してみたいと思います。

第1位: ストレートネック 矯正枕

枕

第1位は「枕」(Amazon価格3199円)です。

去年の第1位がマットレスで今年の第1位が枕。こういう商品が一番良かったものになること自体が私自身も年を取ったなと感じるわけですが、この枕でだいぶ睡眠の質が良くなりました。

かなり前から首腰肩などが痛くなりやすい、いわゆるデスクワーク症候群です。アメリカでカイロプラクティックに行くと、いつもストレートネックだという診断を受けます。

私のようなストレートネックの人に良いのは、この図のようないわゆる筒型の枕だそうです。

そんなもので良くなるのか?と半信半疑で試してみたところ、とてもよく眠れるようになった気がします。

アメリカで購入しているので、この商品とぴったり同じものではありませんが、一番近そうなものを紹介しておきます。

そこまで高価なものでもないので、ストレートネックでお悩みの方は是非トライしてみてください。

以上、私が2019年に買ってよかったものトップ5のご紹介でした。

皆さんが2019年に購入して満足度が高かったものがあれば、是非コメント欄で教えてください!


シバタナオキ:SearchMan共同創業者。2009年、東京大学工学系研究科博士課程修了。楽天執行役員、東京大学工学系研究科助教、2009年からスタンフォード大学客員研究員。2011年にシリコンバレーでSearchManを創業。noteで「決算が読めるようになるノート」を連載中

決算が読めるようになるノートより転載(2020年1月3日公開の記事)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み