ネットフリックスの市場拡大に暗雲。インドやメキシコ、ブラジルで「急ブレーキ的」ユーザー減

スカーレット・ヨハンソン

第77回ゴールデン・グローブ賞のドラマ部門作品賞にノミネートされた「マリッジ・ストーリー」。写真のスカーレット・ヨハンソンも主演女優賞にノミネートされたが、やはり受賞ならず。

提供:Netflix

  • 2019年第4四半期(10〜12月)のネットフリックスは、前四半期(7〜9月)に比べて勢いを失ったようだ。
  • 全世界のネットフリックスアプリの日間アクティブユーザー数(DAU)は前四半期比で3%減り、前年比でも成長が大幅に鈍化した。
  • DAUは同社が戦略市場として重要視するブラジル、メキシコなどラテンアメリカで減少し、インドでの成長にも急ブレーキがかかった。

2019年の暮れにネットフリックスが放ったドラマシリーズ「ウィッチャー」は、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」シーズン3に次ぐヒット作となった。

問題は、「ウィッチャー」ほか第4四半期にリリースした「アイリッシュマン」「マリッジ・ストーリー」「6アンダーグラウンド」などの作品が、2019年の業績に貢献したかどうかだ。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み