BI Daily Newsletter

「大手とは組まない」ドロップボックスが1兆円企業に成長した理由。創業者が語った15年の戦い

ドロップボックス ドリュー・ヒューストン

ドロップボックス共同創業者兼CEOのドリュー・ハウストン。

REUTERS/Lucas Jackson

  • ドロップボックスの共同創業者であるドリュー・ハウストンとアラシュ・フェルドーシは飽和状態のクラウドストレージ市場に乗り込んでいった。
  • 彼らは既存サービスへの不満から出発して、自らのプロダクトを差別化することに成功した。
  • 彼らは、ビジネス特化型SNSリンクトインの共同創業者であるレイド・ホフマンを聞き手に、いかにしてサービスの成長とユーザーの維持を実現したか、ポッドキャストで語っている。

きょう、ドロップボックスは企業価値79億ドル(約8600億円)の巨大企業だ。

2019年の第3四半期決算では売上収益4億2820万ドル(約470億ドル)、ユーザー数は5億人以上、従業員数は2300人を超えた。

そんな同社も、かつてはクラウド業界の小さなスタートアップに過ぎなかった。

共同創業者のドリュー・ハウストンCEOは、ドロップボックスの創業当初の小さなチームが競争の最前線に躍り出るために、バイラルマーケティング戦略(=ユーザーが口コミなどで友人や同僚に紹介するよう仕向ける低コスト戦略)を採用したことを明かした。

ドロップボックス創世記

ドロップボックス クラウド

ドロップボックスは、グーグルドライブに続いて市場シェア第2位。

ngkaki / iStock Editorial / Getty Images Plus

2006年当時、オンラインストレージはスタートアップが乗り出す事業分野としてありふれたもので、まずは押さえておくべきデフォルトの仮想領域といった状況だった。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み