グーグルが27兆円でセールスフォース買収を検討?クラウド事業でマイクロソフトを抜く“近道”との指摘

prime_cloudmarket_kurian

2019年1月にGoogle Cloudの最高経営責任者(CEO)に就任したトーマス・クリアン。オラクル流の改革でアマゾンとマイクロソフトを逆転できるか。

Flickr/Oracle PR

  • 米RBCキャピタル・マーケッツによると、グーグルがセールスフォース・ドットコムを買収する可能性があるという。
  • RBCは、グーグルがクラウド事業を本体からスピンアウトさせ、独立会社を立ち上げるとも予測している。
  • セールスフォースを買収すれば、グーグルはクラウド事業でアマゾンに次ぐ第2位に浮上する。つまり、マイクロソフトを追い越すことになる。

RBCキャピタル・マーケッツのアナリストは、クラウド事業で先行するアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)とマイクロソフトのアジュール(Azure)に追いつくため、グーグルが「大胆な方法を取る」との予測を発表した。

ただし、グーグルがRBCの予測を現実のものとするためには、天文学的資金が必要となることに留意すべきだろう。

アマゾンとマイクロソフトを抜くために

prime_cloudmarket_sales

ニューヨークのセールスフォース・タワー前。

REUTERS/Brendan McDermid

RBCキャピタル・マーケッツは株価分析が専門。2020年のソフトウェア産業の展望レポートでは、「グーグルはセールスフォースを買収することでマイクロソフトを抜き、クラウド分野で第2位に躍進することを狙っている」としている。

買収価格は、現在の株価(180ドル、時価総額は約1600億ドル)に対して約70%のプレミアムを上乗せし、最大2500億ドル(約27兆3700億円)と見込んでいる。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み