BI Daily Newsletter

今夏オープンのUSJ「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の専用ギアがすごい。“チャリーン”できる「パワーアップバンド」詳細発表

イベントの様子

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、2020年にオープンする「SUPER NINTENDO WORLD」の続報を発表した。

撮影:小林優多郎

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、USJ)は1月14日、2020年夏に公開の新エリア「SUPER NINTENDO WORLD(スーパー・ニンテンドー・ワールド)」について詳細を公開した。

SUPER NINTENDO WORLDは、世界各地にあるユニバーサルスタジオの中でも、日本で初めてオープンする任天堂をテーマとしたエリア。

すでに2019年11月の発表では、同エリア内に、スーパーマリオの各ゲームに登場するピーチ城やクッパ城などが配置、マリオカートに関するライドアトラクションがオープンすると発表されている。

専用ギア「パワーアップバンド」とスマホ連携で楽しむ

スマートフォンアプリとパワーアップバンド

スマートフォンアプリとパワーアップバンド。

今回の発表では、同エリア内で使える専用ウェアラブルデバイス「パワーアップバンド」と「スマートフォン連携要素」が明らかになった。

パワーアップバンドはエリア内で購入できるリストバンド(価格未定)で、デザインはオープン当初は6種類。バンドを装着すると、例えばエリア内に配置されるハテナブロックを叩くとコインがゲットできるなど、ゲームの世界を現実で体験できる。

スマホアプリではゲットしたコインの数や集めたスタンプを閲覧でき、ランキングを通して来場者同士で競い合ったり、協力し合ったりできる。

パワーアップバンド

パワーアップバンドはマリオなどのキャラクターをモチーフとした全6種類。

また、エリア内では「パワーアップバンド・キーチャレンジ」という企画も実施。来場者がプレイヤーとしてクッパJr.が盗んだゴールデンキノコを奪還するというストーリーに参加できる。パーク内で獲得できる“3つのキー”を集めるのにも、パワーアップバンドやアプリが使われる。

パワーアップバンド・キーチャレンジ

パワーアップバンド・キーチャレンジがエリア内では実施される。

SUPER NINTENDO WORLD向けのスマホ連携機能は、既存のUSJアプリ内で配信される。アトラクションでの実績などとも連携するようだ。USJのマーケティング部長を務める山本歩氏は「バンドやアプリがなくてもアトラクションをお楽しみいただけるが、あればより深く楽しむことができる」と話している。

エリアオープンは東京五輪前に

SUPER NINTENDO WORLDS

SUPER NINTENDO WORLDSには、まだ明らかとなっていない部分がある。

USJは、SUPER NINTENDO WORLDの開発に600億円規模の投資を実施。同社にとっては、現在好評を博しているハリー・ポッターのエリア開発の投資規模を超えている。

SUPER NINTENDO WORLDのアトラクション情報や詳細なオープン日などは公表されていないが、同社は「東京オリンピックが始まる前に」とアナウンスしており、東京オリンピックの開会式である7月24日よりも前のオープンを示唆。今後も順次、詳細を発表していく方針だ。

欧米やアジアでも人気のある任天堂キャラクターを活用した世界初の試みは、単に日本のテーマパークの新要素というだけではなく、世界規模で注目されている。

(文、撮影・小林優多郎 取材協力・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み