10年間で累計3兆円の投資。「夜明けが来た」宇宙開発ビジネスの勝者はやっぱりスペースX?

スターシップ スペースX

イーロン・マスク率いるスペースXが計画中の「スターシップ」イメージ図。

SpaceX/YouTube

  • 宇宙ベンチャー時代の「夜明け」がやって来た。
  • ベンチャーキャピタルのスペース・エンジェルズが発表した、宇宙開発投資に関する2019年第4四半期のレポートによると、宇宙ベンチャーに対する民間投資額は2009年からの10年間で累計257億ドルに達した。
  • 2019年は宇宙ベンチャーによる資金調達ラウンドの件数、金額とも、最高記録を大きく塗り替えた。

新しいビジネスプラン、破壊的なテクノロジーの成熟、投資ハードルの低下によって、近い将来さらなる成長が期待できる。

「スペースX」「イーロン・マスク」という言葉を聞くと、バーやピザ店が立ち並ぶ火星の街を思い浮かべるのも無理はない。マスクがくり返し語ってきた火星移住計画には、バーもピザ店もあるのだから。

SFのような話はさておき、スペースXの素顔はいたって真面目な宇宙開発ベンチャーだ。2009年に商用ペイロード(通信機器などの積み荷)の打ち上げと軌道投入に初めて成功したスペースXは、宇宙産業を取り囲む高い壁を打ち壊し、大量のアイデアと資金を注ぎ込んでいる。

宇宙開発への民間投資額は、1月14日にスペース・エンジェルズが発表した2019年第4四半期のレポート「スペース・インベストメント・クオータリー」によると、2009年からの10年間でほぼゼロから257億ドル(約2兆8000億円)まで増えた。

2019年、過去最高の投資を集めた宇宙開発

「この10年は転換期で、成長はこれからも続く。2019年は記録的な年だった」

スペース・エンジェルズのチャド・アンダーソンCEOは、Business Insiderにそう語った。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み