ロシア核攻撃用の大陸間弾道ミサイル「タイタンⅡ」の実物を見てきた。旧格納施設が博物館に

ミサイル タイタン 核戦争

1982年に退役した「タイタンⅡ」ミサイル。

Nicole Neri/Reuters

  • アリゾナ州の「タイタン・ミサイル博物館」では、現在は閉鎖された、ロシア(当時のソビエト連邦)への核攻撃を想定して製造された大陸間弾道ミサイル(ICBM)の制御施設を見学できる。
  • 施設内にあるミサイル「タイタンⅡ」は、いまも所在地不明の"ターゲット2"に照準が定められており、1945年に広島と長崎に投下された2つの核爆弾を足した250倍の威力をもつ。

タイタン・ミサイル博物館はアメリカ全土に合計54基配備された「タイタンⅡ」ミサイルの地下式格納施設(サイロ)のうちの1つ。観光客が地下にある発射管制室に立ち入り、冷戦時代につくられた全長103フィート(約31.4メートル)のタイタンⅡの実物を見られるのはここしかない。

深さ147フィート(約44.8メートル)のこのサイロは、アリゾナ州ツーソンの郊外に位置し、一般公開されている。身の毛もよだつようなこの冷戦時代の遺物を写真で見ていこう。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み