家事は分担するより「なくす」が正解。「無限家事地獄」で夫婦に"共疲れ"

共働き世帯で家事を分担しようという意識は近年、社会的に広がっていると思う人が多い一方で、7割以上の夫婦が疲れや家事分担でのトラブルを経験しており、2年前より経済的にも子育て・夫婦間でも「余裕がない」——。

パナソニックが実施した、30〜40代夫婦のライフスタイル調査(※)で、こんな「現代の共働き夫婦像」が明らかになった。調査では、夫の8割近くが仕事で、妻の6割超が仕事と家事で疲れており「夫婦の共疲れ現象」が起きていると指摘している。調査から見えてきた、共働き夫婦の家事分担、7つのリアル事情を見てみよう。

1.家事分担の意識は広がっている。

household-1

出典:パナソニック

「以前より、夫婦や恋人・パートナーで家事分担すべきという意識が広がってきていると思う」。そう答えた人は、共働き世帯のうち7割だった。

家事を夫婦や家族で分担するのは当たり前だと考える人も、「そう思う」と「ややそう思う」を合わせると76%に。夫婦での分担意識はかなり浸透していると言えそう。

2.夫の「家事をしている」自己評価は高い

KAJI2

GettyImages/recep-bg

ただし実際の分担率は、夫婦間の認識に大きな開きが。

【平日・休日トータルの家事】

  • 夫から見ると……夫:妻=45%:54%
  • 妻から見ると……夫:妻=20%:79% (小数点以下切り捨て)

夫の方が「半々くらいはやっているつもり」なのに対し、妻は「8割以上は自分がやっている」と思っている結果となった。

3.経済的にも趣味やレジャーも「ゆとり減っている」

Chapter1-5-1

出典:パナソニック

注目なのが、調査によると2年前の2017年調査と比較して、経済的にも子育てやパートナーとの時間でも「余裕・ゆとり」が減退していると考える人が増えていることだ。

経済的な余裕・ゆとりは7.5ポイント減、趣味やレジャーを楽しむ時間的余裕・ゆとりは7.6ポイント減、家事をていねいにきっちりする余裕・ゆとりは6.8ポイント減少している。ただし、ていねいにきっちりするゆとりがある人がそれでも15%いることは驚きだ。

子どもと遊ぶ余裕・ゆとりは比較的減少幅が小さかったが、それでも3.2ポイント減っている。

4.夫の疲れが増している!

 MAN

GettyImages

さらに今回調査で目立ったのが、共働き夫の疲労度(疲れていると回答した人の割合)が2017年調査に比べて、増していること。夫の回答をみると、家事、仕事、いずれでも疲労度がアップしていた。

一方で妻は2年前と比べて、家事でも仕事でも疲れている人の割合は下がった。

しかし、その増減を踏まえても、家事の疲労度は夫が30%、妻が60%。夫の仕事での疲労度は77%と高いが、妻は仕事での疲労度が66%の上に、家事分担の比重がより重いことが表れている。

5.家事分担めぐるケンカ増えている

Chapter2-3

出典:パナソニック

共働き世帯で、家事分担によるケンカ、トラブルも増えているようだ。2年前はケンカありが66%だったのが73%に増加。「仲がいい」も6ポイント増加の76%であるにも関わらず、ケンカやトラブルは増えているという結果となった。

家事分担によって関わりが増えた分だけきずなも強まったが、衝突も生まれているということか。

6.正解のない「無限家事地獄」

KID

GettyImages

共働き夫婦のうち、過半数で心のゆとりが欲しいとの結果になった。

  • 自分の好きなことをする時間を増やしたい 66%
  • 子供と過ごす時間をもっと増やしたい 56%
  • 家族みんなと過ごす時間をもっと増やしたい 58%

ではなぜ、家事分担や時短が進んだりしても、余裕やゆとりは生まれないのか。家事をもっとラクしたいのに、そうできない理由について、調査ではこんな声が聞かれた。

  • 家事には正解がないから、正解がわからないから」妻47%、夫40%
  • 「家事には天井がなくて、いくらでもできてしまう、際限がないから」妻58%、夫30%

調査では「正解がない、再現ない、永遠に終わらない無限家事地獄に陥ってしまっている」と推察する。

7.減らしたい家事ナンバーワンは

Chapter4-1

出典:パナソニック

調査では、減らしたい家事についても聞いている。「減らしたい」「時間を削減したい」家事として多く声が上がったのは以下のとおり。

  • リビングの掃除 44%
  • 浴室の掃除 44%
  • トイレの掃除 43%
  • キッチンの掃除 38%

パナソニックでは、育児や介護を除く、共働き世帯を想定した「家事リスト」をおよそ167項目とカウント。そのうち約41% にあたる70項目を「家電に任せられる可能性がある、しない家事」になる可能性があるとして、公開している

エアコン掃除や、食器拭き、トイレ掃除に洗濯物干しなど、家電メーカーならではの提案がずらりと並んでいるので、チェックしてみたい。

分担議論より「何をやらないか」を決めてみる?

共働きでどんなに分担しても、家事はやろうと思えば「際限がない」のは記者も実感するところ。最低限の料理や掃除を済ませたとしても、お風呂のカビとりやクローゼットの整理、いらないものの断捨離などに手をつけだしたら日が暮れる。

「どちらの分担が多い少ない」で夫婦がもめるより、「何を手放すか」「何をやらないか」を決めてみる。家電なのか家事代行なのか、あきらめるのか。やらないための代替法を探るのは一つの解決方法かもしれない。

「家事分担」だけでなく「しない家事」を考えてみようか。

(文・滝川麻衣子)

※パナソニックによる2019年30〜40代夫婦のライフスタイル調査。関東関西在住の30〜49歳既婚男女1200人をインターネットで調査。調査期間は2019年7〜8月及び2020年1月。記事では小数点以下を切り捨て。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

コロナ禍で地方局はどんな課題に直面しているのか。宮城県内で活動するフリーアナウンサーから見た現状とは…。(写真は仙台駅)

「広告収入40%減」「出演者が呼べない」コロナ禍に苦しむ地方局のいま

  • 丸井汐里 [フリーアナウンサー・ライター]
  • Sep. 30, 2020, 11:00 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み