2020年に起業する人が知らないと絶対失敗する「20のトレンド」

2020年 スタートアップ

ビジネス環境は大きな変化の過渡期。トレンドを見誤ると痛い目に遭う。

RgStudio/Getty Images

  • 起業家と経営者の視点は、投資家と同じではない。
  • 複数の分野にまたがるトレンドは、業界や地理的な条件を超えてビジネスに大きな影響を与えるかもしれない。
  • あらゆる分野のブートストラッパーとイノベーターのために、2020年から先の未来を方向づける20のテーマとアイデアを紹介する。

起業家やスモールビジネスの関心と優先順位は、投資家や上場企業とは異なる。

もちろん重なるところもあるが、ウォール・ストリート(大企業)で歓迎されるアイデアが、必ずしもメイン・ストリート(中小企業)でも通用するとは限らない。

これからのアメリカ経済を牽引するブートストラッパー(=自力・低予算でビジネスを立ち上げる人)とイノベーターにとって、2020年以降の展開を方向づけるトレンドがすでにいくつか見えてきている。

業界の垣根を越えた総体的な視点から、起業家と経営者にとって最も重要で興味深いと思われる「20のトレンド」を選んだ(順不同)。

1. ヘルス&ウェルネス

【例】

フィットネス、理学療法、メンタルヘルス、在宅介護、女性向け製品

【傾向】

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み