砂漠、森、氷河、雲の中…Slack本社のインテリアデザインは自然がテーマ

スラック本社(図書館)

Studio O+A

  • サンフランシスコのSlack本社は、自然をテーマとしたユニークなデザインだ。
  • 各フロアが、西海岸沿いにある自然遊歩道のパシフィック・クレスト・トレイルの風景からインスピレーションを受けている。
  • デザイン会社のStudio O+Aがテーマを決め、機能性を兼ね備えたオフィスに作り上げた。

サンフランシスコで働くSlackの従業員は、オフィスを離れずして砂漠から山、氷河にまで行くことができる。

サンフランシスコの本社は、Studio O+Aがデザインし、自然をテーマとしている。SlackのCEO、スチュワート・バターフィールド(Stewart Butterfield)氏は、ハイキングやアウトドア好きで知られる。そのためStudio O+Aは、サンフランシスコとバンクーバーにある2つのオフィスを結ぶ自然遊歩道のパシフィック・クレスト・トレイル(Pacific Crest Trail)を、ベースにすることにした。

Studio O+Aによると、各フロアがこの道沿いに見える異なる風景を表現しており、「バハ(Baja)から太平洋岸北西部までの、バーチャル旅行」になるようにした。各フロアともに自然にインスピレーションを受けたデザインとなっているが、主張しすぎない美しさで、気が散ることもない。

ロビーのデザインは「ベース・キャンプ」。テントのようなベンチで、上層階へアタックする前のミーティングを

スラック本社(ロビー)

Studio O+A


2階は岩の多い砂漠をイメージ。照明で夜の砂漠の雰囲気を出している

スラック本社(2階)

Studio O+A


3階も砂漠で、4階は山頂をイメージしている

スラック本社(4階)

Studio O+A


5階は山の中の湖。この写真は図書館で、湖や小川を渡る山道の橋をイメージしたという

スラック本社(5階)

Studio O+A


5階のこの部屋の塗装は、湖の霧を表現している

スラック本社(5階)

Studio O+A


6階は滝がテーマ。こちらは小上がりや天井のデザインが、滝の裏側をハイキングしているような気分にさせる

スラック本社(6階)

Studio O+A


「緑のカーテン」は、パシフィック・クレスト・トレイルをクリアした時の体験を作り出すことを意図している

スラック本社(6階)

Habitat Horiculture

出典:Business Insider

この座席は、岩壁の穴をイメージ

スラック本社(6階)

Studio O+A


7階は森がテーマ。この席は、パシフィック・クレスト・トレイルのセコイアの木をイメージさせる

スラック本社(7階)

Studio O+A


天井のデザインは木漏れ日を模したもの

スラック本社(7階)

Studio O+A


Studio O+Aは植物の種類と地質学的な特徴を正しく組み合わせることにこだわった

スラック本社(7階)

Studio O+A


8階のボルケーノ・ティー・ラウンジ(Volcano Tea Lounge)は、その名の通り火山がテーマ。タピオカティーもある

スラック本社(8階)

Studio O+A


最もユニークなのは、氷河がテーマの9階。ガラスの壁は色が変わり、氷河の割れ目に差す光を表している

スラック本社(9階)

Studio O+A


10階へと続く階段にはスチールのアーチがかかり、山頂へ登っているかのようだ

スラック本社(9階)

Studio O+A


階段の先にあるのはエグゼクティブ・ブリーフィング・センターで、雲の中にあるラウンジというデザインになっている

スラック本社(10階)

Studio O+A


[原文:Inside Slack's wild San Francisco headquarters, where each floor is designed to look like nature — from rocky deserts to soothing waterfalls

(翻訳:Ito Yasuko、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

「もう証券投資は儲からない」企業の現預金200兆円超はどこに向かうのか?

株価 歩行者

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み