インドの伝統的な結婚式を挙げた同性婚カップル、SNSへの投稿をきっかけに注目を集める

シャーさんとマディラージュさん

アミット・シャーさんとアディティア・マディラージュさんは2019年7月、伝統的なインド式の結婚式を挙げた。

Charmi Pena

  • アメリカのニュージャージー州に住むアミット・シャー(Amit Shah)さんとアディティア・マディラージュ(Aditya Madiraju)さんは2019年7月、伝統的なインド式の結婚式を挙げた。
  • 2人は、メヘンディ(ヘナタトゥー)のセレモニーやヒンズー教寺院でのフォーマルな結婚式、友人や家族を招いたサンギート・スタイルの披露宴を行った。
  • 同性カップルの結婚はヒンズー教のコミュニティーでは一般的でないものの、2人が投稿した結婚式の写真は大きな話題となった。
  • 2人は現在、自らのプラットフォームを使って、同性カップルの実情を見せたり、他のマイノリティーグループを支持するなどしている。

ニュージャージー在住のカップル、アミット・シャーさんとアディティア・マディラージュさんは2018年1月、法的に結婚した。

カップル

Paulo Sudd

シャーさんとマディラージュさんは2016年、共通の友人を通じて会った。オンライン上ではもう少し前からつながっていたという。

「ぼくたちはソーシャルメディアを通じて、オンラインで多少しゃべっていたんです」とシャーさんはInsiderに語った。「互いの仕事のことなど、よく理解していたので、ちょっとした会話を交わしていました。それで初めて会った時もぼくたちはすぐに会話できたんです」

2人は2018年、裁判所で結婚した。「裁判所での結婚が自分たちの望んでいたものだと分かっていました」と、シャーさんは話した。

同じ年、2人は1匹の犬を家族として迎え入れ、「アダム」と名付けた。それぞれのファーストネームを組み合わせたのだという。

だが、シャーさんとマディラージュさんは、宗教的な結婚式も挙げたいと考えていた。

手をつなぐ2人

Charmi Pena

「自分たちの愛する人たちに囲まれたかった」とシャーさん。

「ぼくの両親はインドに住んでいるから、彼らがぼくたちを訪ねてきた時に一緒にお祝いをしたいと考えていました」とマディラージュさんが付け加えた。

マディラージュさんの両親は2019年7月に彼らを訪ねた。2人はその時に合わせて結婚式を挙げた。

2人の結婚式は3部構成だった。ヒンズー教の伝統と、2人のおおらかな性格を組み合わせた。

ドレスアップした2人

Charmi Pena

シャーさんは、カップルの望む結婚式の実現を手伝うウェディング・プランナーの会社を経営している。

「アディとぼくはたくさんの人たちの結婚式を一緒に計画してきました。伝統的なインド式の結婚式も多少見てきました。ものすごく楽しくて、何日も何日も続くんです」とシャーさん。「でも、ぼくたちはもう少し実用的で、もっと自分たちの性格にあったものにしたかったんです」

「自分のイベントでは、本人はそこまで楽しめません。それはぼくたちが望むものではなかったんです」とシャーさんは言う。

例えば、2人の結婚式はそれぞれの手にメヘンディを描くことから始まった。一般的には、花嫁のための伝統の1つだ。

メヘンディ

Paulo Salud

「これは縁起を担ぐものです」とマディラージュさん。「基本的には、色が濃く出るほど、伴侶に深く愛されることを意味します」

「男性は通常、メヘンディをやりませんが、ぼくたちはそのステレオタイプを破りたかったんです」とマディラージュさんはInsiderに語った。

メヘンディの儀式には、2人の母親を含め約20~30人のゲストが出席した。

2人の母親とともに

それぞれの母親と。

Paulo Salud

マディラージュさんは、インドに住む自分の母親が結婚式を楽しんでくれたことが、結婚式の良い思い出の1つだという。

「ぼくたちはとても静かで、文化を重視する、伝統的な家庭に生まれました。安全地帯から外れるようなことは全くしないような、ね」

「でも、母がアメリカに来た時 —— ぼくの母と父にとってはこれが初めての旅行でした —— 全く違う面を見たんです。母はミモザやマルガリータに挑戦し、デザイナーの服を着ていました」

「あれは、ぼくにとってもすごく特別だった」とマディラージュさんは付け加えた。

2人はヒンズー教の寺院で、フォーマルな結婚式も挙げた。これは同性カップルとしては珍しいことだ。

カップル

Charmi Pena

「インドでは、ゲイであることは2018年まで合法でなかった」とマディラージュさんは語り、インドの最高裁が「同性カップル」に最高10年の懲役を科すとの禁止令を破棄したことに触れた。

しかし、インドでは今も同性カップルの結婚は認められておらず、ヒンズー教を信仰するゲイのカップルの宗教的な結婚式の数は少ない。

だが、シャーさんとマディラージュさんはアメリカのニュージャージー州で宗教的な結婚式を挙げることができた。約50人のゲストが参列したという。

「一番近い人たちに来てもらいたかったんです」とシャーさんは結婚式のゲストについて語った。「ゲストの数を少し減らさなければならず、これは結婚式の計画を進める上で難しいところでした」

結婚式当日、2人は自分たちのことよりも自分たちの家族に心を注いだとInsiderに語った。

集合写真

Charmi Pena

「伝統的な結婚式では、新郎と新婦が注目されますよね? ぼくたちは文字通り、自分たちの母親や義理の姉妹のために町中を走り回っていたんです」とマディラージュさんはInsiderに語った。

「他の結婚式とは違い、これがインド式結婚式の本当にいいところだとぼくは思うんです」とシャーさんは言う。

式の最後は、サンギート・スタイルの披露宴だ。友人や家族、約120人が出席した。

披露宴

Paulo Salud

サンギートは一般的に、結婚式の前に行われるものだが、シャーさんとマディラージュさんは結婚式の後にやることにした。

サンギート・スタイルのパーティーをリラックスした雰囲気のものにしたかった2人は、会場にフュージョン・レストランの「Pondicheri」を選んだ。

「フォーマルで組織立った他の披露宴とは違ったものにしたかったんです。ぼくたちの結婚式は型にはまった結婚式じゃなかったし」とシャーさん。「会場の飾りつけをしてくれる業者やパーティーのプランナーも雇いませんでした」

「ホールフーズ(Whole Foods)で花を買って、それで終わりでしたね」とマディラージュさんは付け加えた。

シャーさんとマディラージュさんは、自分たちらしさを加えるため、披露宴用の服を自らデザインした。

ドレスアップした2人

Paulo Salud

2人は、自分たちの家族が着た服も数多くデザインした。

式で着た服はアニタ・ドングレ(Anita Dongre)に作ってもらい、メヘンディを描いた時の服はBohameに作ってもらった。

2人が結婚式の写真をソーシャルメディアに投稿すると、すぐに大きな話題となった。

ドレスアップした2人

Charmi Pena

シャーさんが最初に投稿した結婚式の写真は、インスタグラムで2万以上の「いいね」を集めた。

「『結婚おめでとう。君たちは大きな節目を作った』といったメッセージをもらいました」と、マディラージュさんは投稿した写真への反応をInsiderに語った。「でも、ぼくたちは特に節目を作りたいとは思ってなかったんです」

「ぼくたちはただ、40人の人たちと控えめな結婚式をやって、どういうわけかそれを国中の人が知った…… びっくりでした」

シャーさんは「ソーシャルメディアの力の大きさを知りました」と付け加えた。

現在、シャーさんとマディラージュさんは他のマイノリティーグループを支持したり、同性カップルに自分たちにとって正しいことをするよう励ますために、自らのプラットフォームを使っている。

目をつぶった2人

Charmi Pena

写真が話題になった当初、シャーさんはインスタグラムの投稿によせられた全てのコメントに返信していたという。「ぼくたちは、自分は忘れられたと誰にも感じさせたくなかったんです」とマディラージュさんは語った。

「この瞬間の一部になれたことが、ぼくたちはただうれしかったんです」とシャーさんは付け加えた。

「この後、結婚したカップルは数多くいます」と、彼らのコミュニティーについてマディラージュさんは語った。「でも、(自分たちが知る限り)宗教的な場所で結婚式を挙げたのは、ぼくたちだけでした。ぼくたちは本当にラッキーだったんです」

また、2人は自分たちにとって大切な人たちに囲まれてさえいれば、結婚式を挙げる場所はどこでも構わないとも強調している。

家族と2人

家族とともに。

Charmi Pena

「たとえ裏庭でやるにせよ、一番大切なのはみんながいてくれること。みんながいてくれさえすれば、何の問題もないということです」とマディラージュさんは言う。

「正式に結婚するためには寺院や教会へ行かなければならないということはありません。結婚式はどこでもできるんです」とマディラージュさんは付け加えた。

自身のプラットフォームについて、「ぼくたちには責任があるように感じるんです」とシャーさんは言う。

普段の2人

Paulo Salud

「ぼくたちはその責任を果たしたいし、正しいことをしたいんです。ぼくたちがこれほど多くの注目を集めたことには何かしらの意味があると思うから」とシャーさんは言う。

「こうしたストーリーがもっと伝わる必要があるということだろうし、ぼくたちはその一部になりたいと思っています」

2人はソーシャルメディアで話題になってから、YouTubeチャンネルを立ち上げ、同性カップルがどんなものか、実情を明かしている。

「インドでは、最も難しいのは2人の男性がカップルとして一緒に住んでいることをイメージすることだと思うんです」とマディラージュさんは言う。「少なくともインドでは、これは全く馴染みのない話題です。彼らは2人の男性が結婚し、カップルとして生活していることがイメージできません。だから、誰が皿洗いをするのか?といった基本的な疑問を持っているんです」

2人はこうした疑問に動画で答えているという。

結婚の一番良いところは「隠さなくていいこと」だとマディラージュさんは言う。

愛犬とともに

Charmi Pena

「今はとても自然に感じています。いろいろな話をしても、ぎこちなさや居心地の悪さはありません」とマディラージュさん。

「カミングアウトやそのハードルから、自分たちの生活や、自分たちがどうしたいかということに意識の焦点を変えられたからでしょう」とシャーさんは付け加えた。

「ぼくたちがカムアウトする、またはぼくたちが結婚し、それを人々が知る前はずっと、何をするにも常に、これはどうしたらいいんだ? これは現実になるのか? といった葛藤がありました」

「今はそれが消えて、ぼくたちは実際の生活に集中することができるんです」

シャーさんとマディラージュさんのYouTubeチャンネルはこちら

[原文:A same-sex couple had a traditional Indian wedding, and stunning photos from their celebrations made them go viral

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み