「企業価値417億円」Origamiをメルカリが買収した理由

オリガミ

スマホ決済サービスのメルペイが、同じくスマホ決済サービスのOrigamiを買収する。

画像:小林優多郎

1月23日、メルカリの100%子会社でスマホ決済サービスを提供するメルペイが、同じくスマホ決済サービス企業であるOrigami(オリガミ)を買収すると発表した。買収金額は非公表。

メルカリ広報担当者はBusiness Insider Japanの取材に対し、Origami Payとメルペイのサービスは今後統合される方針と説明。ただし、加盟店やアプリを使っているユーザーには今後、移行を促していくものの、Origami Payアプリそのものがメルペイに切り替わったり、加盟店がそのままメルペイ加盟店として吸収されるわけではない、とした。

買収後も当面、法人格としてのオリガミは存続する。これは、トヨタが提供する決済アプリ「TOYOTA Wallet」の決済機能や、全国の数百の信用金庫へのキャッシュレス決済基盤など、企業向けの決済技術をオリガミが提供しているためだという。

とはいえ、現時点では基本合意という段階でもあり、買収後の人材配置については「現時点では何も決まっていない」(メルペイ広報)という。

「2019年11月以降、業界の動きが加速した」

IMG_0746

康井義貴社長。2019年11月開催の「香港フィンテックウイーク」にて撮影。

撮影:大塚淳史

これまでもメルペイは加盟店開拓に関する協業などのために、他の事業者との連携は密にとってきた。オリガミの買収交渉のスタート時期について、メルペイ広報は「(2019年)11月以降、業界全体の動きが加速していった」と説明する。

「11月」とは、言うまでもなくヤフーとLINEの経営統合発表のことだ。キャッシュレス決済の巨大プレイヤーどうしが1つのグループになることによる「業界再編」が急速に進む中で、メルペイ、オリガミはさらに一歩踏み込んだ「協業」を模索し、それが今回の買収に至った。

オリガミは地方の個人店舗など、中小事業者のネットワークを持っており、中規模の事業者に強みのあるメルペイにとっては、相互に補完関係のあるビジネスだった。

オリガミは2012年に創業。2016年から他社に先駆けてQRコードをつかったキャッシュレス決済サービスを国内で展開してきた。Origami Payを導入する加盟店は、累計で19万カ所。日本経済新聞は2019年11月に発表した「NEXTユニコーン調査」で、オリガミの企業価値を417億円としている。

編集部より:初出時、Origami Pay加盟店を8万社としておりましたが、正しくは19万カ所です。2020年1月23日 17:30

(文・西山里緒、伊藤有 撮影・小林優多郎)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み