恵方巻「ロスなくならない」。予約販売伸びず、“当日買う派”5割という現実

GettyImages-176740261

GettyImages

2月3日の節分に食べる「恵方巻」。ここ数年は、売れ残った商品が大量に廃棄されていることに批判が集まり、コンビニやスーパーでは予約販売を強化している。

ただ、恵方巻に関するアンケート調査では、約5割が「当日に買う(買うかもしれない)」と答えており、コンビニ店のオーナーからは「完全予約にするのは難しく、結局は廃棄がでてしまう」という声も漏れる。

令和初の恵方巻、果たしてロスはなくせるのか?

需要読めず「本音は扱いたくない」

seven

コンビニ各社は、恵方巻の廃棄を減らす目的もあり、予約に力を入れている。

撮影:今村拓馬

恵方巻を予約するお客さんはほとんどいない。かといって、節分の当日に買いに来るお客さんがいる以上、店頭に置かない選択肢はない。どれだけ売れるのかも読みにくく、本音で言えば恵方巻きは扱いたくない商材」

都内で大手コンビニチェーンの店舗オーナーを務める男性はそう語る。

コンビニ各社は、売れ残りを防ぐため恵方巻の予約販売を強化している。セブンイレブンでは恵方巻3本セットを予約すると、「チコちゃんに叱られる!」オリジナルグッズがもらえるキャンペーンを行っているほか、ファミリーマートでは1月16日までの予約に限り、1割引きで予約を受け付けた。

しかし、現場の思いは複雑だ。

「完全予約にできれば、もちろん廃棄はないが、予約しかやっていない店舗はほぼないと思う。当日売り場に並べる恵方巻については、1カ月前に発注することになるけれど、需要を読むのは実際難しい。去年の節分は日曜で、売り上げが低かったし。

かつてのように本部から『恵方巻を売れ』という圧力がなくなったのはよかったんだけどね」(前出のコンビニオーナー)

7割が「恵方巻食べた」

ehouanke

出典:ほけんROOM「恵方巻と食品ロスに関する意識調査」

そもそも、予約販売の強化で恵方巻の廃棄は減らせるのか?

保険相談サービス「保険ROOM」が実施したアンケートでは、「当日買う派」が半数にのぼり、予約作戦も簡単には進まなそうだ。

アンケートは2020年1月20日~21日、インターネットで実施し、1031人が回答した。

その結果、2019年は7割が「恵方巻を食べた」と回答。買った場所については、58%が「スーパー」で最も多く、「家で作った」が17%、「コンビニ」が14%だった。

注目すべきは、2020年の恵方巻についての質問。約5割が「当日に買う」(「当日に買うつもり」を含む)としており、「予約する」はわずか1割だけ。恵方巻を食べる文化は根付いているが、恵方巻の予約はなかなか浸透していない。

一方で、恵方巻の大量廃棄の問題を知っているかについては、6割以上が「知っている」と回答。食品ロスへの関心は高まっており、国も機運の高まりに策を講じている。

国を挙げて「削減プロジェクト」

GettyImages-981742412

「食品ロスの削減の推進に関する法律」が2019年に施行され、国でも対策を加速させている。

GettyImages

農林水産省では、初の取り組みとなる「恵方巻きのロス削減プロジェクト」を展開している。予約販売の強化や、サイズ・メニュー構成の工夫などを食品小売業者に呼びかけ、スーパーのイトーヨーカ堂やマルエツ、コンビニ大手3社など計33事業者が参加を表明した(2020年1月22日現在)。

「これまでメーカーや小売で食品ロスを減らす取り組みを続けてきたが、消費者も一体になり食品ロス問題に取り組む段階に入っています。例えば、恵方巻であれば予約はもちろんですが、安さだけで店を選ぶのではなくて、食品ロスを減らす取り組みをしているお店を応援することも大切です」(農水省担当者)

mokuhyo

事業系食品ロスの推移。ここ数年は削減が進んでいない。

出典:「食品ロス及びリサイクルをめぐる情勢」

農水省によると、日本の食品ロスは年間643万トン(2016年度)で、国民1人が1日にお茶碗1杯分のご飯を捨てる量に相当する。

国では、食品製造業や外食業で廃棄される「事業系食品ロス」について、2000年度(547万トン)に比べて、2030年度までに半減させる目標(273万トン)を掲げているが、近年は横ばい状況が続く。

食品ロスをどう減らしていくか。恵方巻ロスの問題は、消費者も変わらなければならないことを示している。

(文・横山耕太郎)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み