無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


【note・加藤貞顕5】みんな、好きなことをすればいい。我慢は何も生み出さない

加藤貞顕

1973年、新潟県生まれ。大阪大学大学院修了後、アスキーを経て、ダイヤモンド社に。手掛けた書籍『もしドラ』が大ヒット。 2011年ピースオブケイク設立。2014年、あらゆる表現者を応援するプラットフォーム「note」をリリース。

撮影・竹井俊晴

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」。そのミッションのもと、noteという表現のプラットフォームをつくったピースオブケイク代表取締役CEOの加藤貞顕(47)。その加藤が28歳の自分に贈るとしたら、どんな言葉を掛けるのだろうか。


僕が28歳だった頃は、アスキーという出版社に入って2年目を迎えていた時期。

パソコン雑誌の編集者として、特集記事を毎月30ページくらいつくっていて、仕事にもひと通り慣れてきた頃でした。

その頃から単行本の編集も担当し始めて、本づくりの面白さを知り、数年後には転職活動をしています。

そもそも、僕がなぜアスキーに入ったかという理由を述べるとすれば、明確な志はありませんでした。

僕は昔から「気が向かないことに対しては一生懸命になれない性格」で、進路もなかば“消去法”で決まりました。

火がつかなかった就活。切羽詰まって出したハガキ

本棚に飾られた書籍

「cakes」「note」のヒットコンテンツは次々と書籍になっている。

撮影・竹井俊晴

同じ経済学科の同級生は銀行や商社に内定を決めていましたが、僕はまったく興味を持てず。働くことに前向きになれず、とりあえず大学院には進んだものの、「研究職になれるほど勉強は好きじゃなかった」と気づき、愕然としました。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

【期間限定】クーポンコード「BIP21」で年額プランが今だけ10%OFF ※有効期限11/1 23:59:00、初回(1年目)のお支払いのみ適用されます。
有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

tmb_af.001

なぜテスラの時価総額には自動車7社が束になっても敵わないのか。業界揺るがす「2つの地殻変動」

  • 村上 茂久 [株式会社ファインディールズ 代表取締役]
  • Oct. 27, 2021, 07:15 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み