今後10年で雇用が大きく減少する20の産業

アメリカ郵政公社の多くの仕事は今後10年で雇用が減少する可能性がある。

アメリカ郵政公社の多くの仕事は今後10年で雇用が減少する可能性がある。

AP Photo/The Republic, Joel Philippsen

  • 今年も多くのアメリカ人が新しい仕事を探している。
  • 求職者にとって有望ではないかもしれない業界のリストを作成した。
  • 労働統計局のデータを使用して、2020年代に縮小する可能性が高いにもかかわらず、現在職業に多くの人々を雇用している20の産業がわかった。
  • 自動車、繊維、アパレルの各産業、そして郵政公社は、いずれも今後10年間で劇的に減少するであろう職業に大きく依存している。

Jアメリカでは、1月は多くの人が新しい仕事を探す時だ。この記事では、できれば避けた方がよい業界をいくつか紹介する。

2020年の求職者にとって理想的な選択肢ではないと思われる産業を調べるために、今後10年間の政府の雇用予測を見てみた。

アメリカ労働統計局(BLS)は2年ごとに、アメリカのさまざまな職種の雇用が今後10年間にどのように増加または減少する可能性があるかを発表しています。BLSはまた、さまざまな職種の人々がそれぞれの業界でどれだけ雇用されているかについて、年間の推定値を公表している。

2018年から2028年までの職業別の雇用変動予測と2018年時点での各産業の職種構成を総合的に検証すると、多くの人を雇用している産業のうち、急速に減少すると予測される産業は20ある。

自動車、繊維、アパレルのいくつかの部門がリストに載っている。これらの産業では、今後10年間で職を失う可能性のある職業グループに、数千人から数十万人の労働者が雇用されている。


20位 ビジネスサポートサービス

20位 ビジネスサポートサービス

Guillermo Legaria/Getty Images

ビジネスサポートは、テレマーケティング、集金代行、文書作成など、さまざまな企業向けサービスを含む幅広いカテゴリーだ。この業界では、テレマーケター、電話オペレーター、集金人など、今後10年間で減少すると予測される中程度の技能の事務職を多数雇用している。

19位 家電製品製造

19位 家電製品製造

Associated Press

家電製品製造業で働いている6万2620人の約4分の1は、組み立てや製造に携わっていて、今後10年間で11.8%の縮小が予測されている。


18位 ゴム製品製造

17位 ゴム製品製造

Shutterstock

ゴム製品製造業は、今後10年間で減少すると予測されるさまざまな産業で多数の労働者を雇用している。この業界では、タイヤ製造で2万2770人を雇用している。BLSの予想では、2028年までに雇用が9.2%減少する。

17位 プラスチック製品製造

17位 プラスチック製品製造

Reuters/Alkis Konstantinidis

プラスチック製造業界では、2018年から2028年の間に11.8%減少すると予測されている組み立てと加工で4万8260人の雇用している。

16位 自動車の車体およびトレーラーの製造

16位 自動車の車体およびトレーラーの製造

Rebecca Cook/Reuters

他の製造業と同じように、自動車車体およびトレーラー製造業は5万3570人の組み立て工を雇用しており、BLSでは2018年から2028年の間に11.8%の雇用減少があると見ている。

15位 自動車部品の製造

15位 自動車部品の製造

Reuters/Aaron Josefczyk

自動車部品製造業は、車体製造と同様に、減少が予想される職種で労働者を多く雇用している。 業界では、2万4310人の機械オペレーターを雇用しており、8.5%の雇用減少が予想されている。 また、この業界でも13万2040人の組立・製造工を採用しており、11.8%減少する見込み。

14位 印刷および印刷関連

14位 印刷および印刷関連

Justin Sullivan/Getty Images

2028年までに雇用が11.8%減少すると予想される印刷機オペレーター、15.2%縮小する可能性が高い製本関連の労働者は、印刷業界の43万4830人の従業員の約3分の1を占めている。


13位 鋳造

13位 鋳造

Panksvatouny/Shutterstock

鋳造産業は、1万1300人の金型職人と製造工を雇用している。これは、BLSが今後10年間で16.4%減少すると予想した職種だ。業界では、1万3390人の成形、製造、鋳造などの機械オペレーターも採用しており、これらは9.3%縮小すると予想されている。


12位 シューズ製造

12位 シューズ製造

Shoshy Ciment/Business Insider

シューズメーカーの1万2470人の労働者のほぼ30%が製造機械のオペレーターとして従事しており、その職業は2018年から2028年の間に10.1%減少すると予測されている。

11位 生花

生花

Scott Olson / Getty Images

花き業界で雇用されている6万2610人の労働者の半分程度を占めるフラワーデザイナーは、今後10年間で13.8%の雇用減少が予測されている。

10位 繊維製造および染色

繊維

REUTERS/Jayanta Dey

テキスタイルおよびファブリック製造、ファブリックコーティングの業界では、6100人の漂白・染色機オペレーターを採用しており、今後10年間で19.4%の減少が予測されています。

9位 自動車製造

9位 自動車製造

Bill Pugliano / Stringer / Getty Images

他の自動車産業セクターと同様に、自動車メーカーは膨大な人数の組立工と製造工を採用している。その数は14万580人。2018年から2028年の間に11.8%減少すると予測されている。

8位 木材

8位 木材

Josef Mohyla/Getty Images

伐採産業での雇用の40%強を占める伐採機器オペレーターの職業は、今後10年間で13.8%減少すると予測されている。

7位 アパレル縫製

7位 アパレル製造・縫製

Reuters

ここからのエントリーは、アパレルおよびファブリック製造業界が続く。裁縫と縫製業では、4万2120人のミシンオペレーターが雇用されており、2018年から2028年の間に11.9%縮小すると予測されている。

6位 テキスタイル製品製造

6位 テキスタイル製品製造

Shoshy Ciment/Business Insider

カーペットや敷物などの製品を製造する業界では、1万280人のミシンオペレーターが雇用されている。 前項と同様に、この職業は今後10年間で11.9%の雇用の減少が予測されている。

5位 織物製造

5位 織物製造

Hero Images/Getty Images

織物工場で雇用されている5万2880人の労働者の約4分の1は、編み機と織り機のオペレーターであり、2018年から2028年の間に18.9%減少することが予測されている。

4位 アパレルアクセサリー等の製造

4位 アパレルアクセサリー等の製造

Shoshy Ciment/Business Insider

バッグ、ベルトなどアパレルアクセサリー製造業の1万790人の労働者の約40%がミシンのオペレーターで、これは2018年から2028年の間に11.9%減少すると予測されている。


3位 ニットなどアパレル製品製造

3位 アパレル製品製造

perfectlab / Shutterstock

アパレル・ニット業界の9820人の労働者の約4分の1は、編み機および織り機のオペレーターであり、今後10年間で18.9%減少すると予測されている。

2位 繊維マテリアル・糸の製造

2位 繊維マテリアル・糸の製造

REUTERS/Vasily Fedosenko

繊維、糸の製造業は、1万3100人の巻き取りや撚り等の機械オペレーターを雇用している。この職種は、2018年から2028年の間に雇用が16.1%減少すると予測されている。


1位 アメリカ郵政公社

1位 アメリカ郵政公社

Scott Olson/Getty Images

いくつかの郵便サービスの仕事は、BLSが今後10年間で最も減少する職業だと指摘している。 2018年から2028年の間に郵便局員と郵便配達員はどちらも19.8%縮小すると予測されており、郵便の仕分けと処理に携わる人は同じ期間中に23.8%の雇用減少があると予測されている。

[原文:20 industries job seekers should stay away from if they value stability and financial security

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み