ファーウェイはグーグルなしでアップルよりも多くのスマホを売った

huawei

Reuters

  • 市場調査によると、2019年にファーウェイは、アップルよりも多くのスマートフォンを販売した。
  • アメリカによる規制でグーグルのAndroidアプリにアクセスできない状況を考えると、ファーウェイの勝利と言えるだろう。
  • このような規制があると、スマートフォンメーカーは失速していくものだが、中国のユーザーはファーウェイの製品を購入することで支援した。
  • しかも、規制の有無にかかわらず、中国のユーザーは2010年以降、Google Play ストアにアクセスできないので、Androidアプリのないスマートフォンはいつもと同じことだ。

調査会社Counterpoint ResearchStrategy Analyticsがそれぞれ行った市場調査によると、2019年に中国通信機器大手ファーウェイ(華為技術)は、アップル(Apple)よりも多くのスマートフォンを販売した。

いずれのレポートでも、2019年のスマートフォン出荷台数は、ファーウェイが約2億4000万台、アップルは1億9700万台だった。世界第2位のスマートフォンメーカーの座を、ファーウェイがアップルから奪ったことになる。第1位の座は2億9500万台を出荷したサムスン電子が守った。また、ファーウェイのスマートフォン出荷台数は、2018年より3500万台増えた。

アメリカによる規制のため、2019年5月からファーウェイの新たなスマートフォンでは、グーグル(Google)のモバイルサービスが使えなくなった。それにはAndroidアプリをダウンロードできるGoogle Play ストアも含まれている。このような状況で、これだけの出荷台数を実現したことは、ファーウェイの勝利と言えるだろう。

人気のアプリストアから、人気のアプリをダウンロードして使えないスマートフォンは、通常であればまず売れない。普通はこのような規制を受けたスマートフォンメーカーは失速していくが、その規制の真っ只中でもファーウェイは復活した。むしろ成功したとさえ言えるかもしれない。だが、それは特に驚くには当たらない。

ニューヨークタイムズによると、アメリカと中国との貿易戦争のさなか、トランプ政権はファーウェイを「輸出規制リスト」に加えたにもかかわらず、2019年の同社のスマートフォン売上高は増加した。中国のユーザーが、同社の製品を買うことで支援したからだ。

そして中国のユーザーはAndroidアプリのないスマートフォンに慣れており、アメリカがファーウェイに規制をかけても、中国のユーザーにとって大した影響はなかった。中国では2010年以降、Google Play ストアが使えなくなっており、中国のアプリ開発者はソーシャルメディアプラットフォームのWeibo、ネットショップアプリのTaoBao、そして「中国版Netflix」と言われるIQIYI(アイチーイー)など、大人気のアプリを独自に開発してきた。

アメリカによるファーウェイへの規制は、中国市場にはそれほど大きな影響を与えていないが、中国以外の市場では、確実に影響が出てくるだろう。しかし、それでもなお、スマートフォンの販売台数はファーウェイの方がアップルよりも多い。

スマートフォンの売上が好成績を収めたことに、ファーウェイは自信を深めたようだ。オーストリアの日刊紙Der Standardによると、ファーウェイはアメリカによる規制が解除されたとしてもグーグルのモバイルサービスとPlayストアを再び利用することはないだろうと述べた。

ファーウェイは、独自のエコシステムとアプリストアの開発を続ける計画であり、そのために2020年は30億ドル(約3250億円)の投資を行うという。

[原文:Huawei sold more smartphones than Apple in 2019 despite the fact that its new phones can't run Google apps — but it's not so surprising

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み