BI Daily Newsletter

ソフトバンクG「1000億円超」出資の格安ホテルOYO、戦略拠点のアメリカでも営業部隊を大量解雇か

OYO リテシュ・アガルワル

格安ホテル運営OYOの創業者兼最高経営責任者(CEO)、リテシュ・アガルワル。

OYO

  • ソフトバンクグループが10億ドル以上を出資する、インドの格安ホテル運営OYO(オヨ)がアメリカで人員を削減しようとしている。
  • 同社は1月、中国とインドで大量解雇を行ったことが明らかになったばかり。
  • ダラスにある北米本社の営業および営業支援スタッフが主な対象になりそうだ。

OYOがアメリカの営業部隊を大量解雇しようとしている。事情に詳しい複数の関係者への取材から明らかになった。

これから行われる人員削減の規模や、どの拠点やエリアが対象になるのかはまだ明確にはなっていない。Business Insiderは、ソフトバンクグループとOYOにそれぞれコメントを求めたが返答はなかった。

OYOについては、1月11日のブルームバーグ報道によって、同社が中国とインドで合計1800人を解雇し、数カ月以内にインドでさらに1200人を減らす計画であることが明らかになったばかり。経営陣はこの大量解雇について、業務を整理して収益を向上させる組織再編の一環と説明していた。

ソフトバンクGの出資先で約1万人解雇

OYO アビナブ・シンハー COO

OYOのアビナブ・シンハー最高執行責任者(COO)。中国とインドで「サステナブルな成長のため」大量解雇を行った。

REUTERS/Mike Blake

収益性向上のための組織再編はソフトバンクグループが出資する他のスタートアップでも行われている。

Business Insiderの調査によると、1月最初の週にOYO、宅配アプリのRappi(ラッピ)、カーシェアリングのGetaround(ゲッタラウンド)、宅配ピザのZume(ズーム)計4社で2600人、2019年にも14社で7000人以上が解雇されている。この数字にWeWork(ウィーワーク)が外注していた物件管理スタッフら約1000人は含まれない。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み