「0.01秒差の負け」が導いた心理学への道【ラグビー日本代表元メンタルコーチ・荒木香織2】

荒木香織

1973年、京都市生まれ。中高大学時代は陸上競技短距離選手として活躍。1997年、スポーツ心理学を学ぶために渡米。2012年、ラグビー日本代表のメンタルコーチに。その後、多くのトップアスリートをサポート。現在、園田学園女子大学人間健康学部教授に就任。

撮影:MIKIKO

2015年ラグビーW杯で日本代表のメンタルコーチだった荒木香織(46)は、小学4年生から陸上競技を始めた。

勝負種目は100メートル。短距離の選手だった。高校1年の秋に地元で迎える京都国体を見据え、小学5年生から京都府の陸上競技連盟が実施する強化合宿に呼ばれた。両親ともに陸上選手。母親は日本体育大学出身で高校教師の経験もあった。

「3歳からクラシックバレエしか習ってなかったのに、足が速かったという理由で推薦されて。行きなさいと言われて行った、という感じです。指導者に恵まれていて、小中高大と暴力や暴言は一切経験していません。のびのび走っていました」

中学時代は3年連続で全国大会へ。準決勝で落ちたが、タイムは順調に上がった。女子は中学、高校で太ってしまい伸び悩むケースもあるが、太りにくい体質のおかげかガリガリのまま。2月生まれの荒木は、過去最年少で国体メンバーに選ばれた。

「高校1年のインターハイも準決勝まで。ただ、国体前のタイムは全国ランキング3位でした。身長もタイムも伸びている。あわよくば表彰台という期待が周囲にあった。地元のテレビや新聞に取り上げられて。子どもなりに、期待されている、ちゃんとしないと、という気負いみたいなものがあったと思います」

0.01秒差の負けで感じた違和感

荒木香織

「自分の勝負弱さが、どこからきているのかわからなかった」と荒木。自身のメンタルを探ることが学びのスタートラインになった。

撮影:MIKIKO

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み