「私ら、間違ってる」学びに覚醒し、サバイブした留学時代【ラグビー日本代表元メンタルコーチ・荒木香織3】

荒木香織

1973年、京都市生まれ。中高大学時代は陸上競技短距離選手として活躍。1997年、スポーツ心理学を学ぶために渡米。2012年、ラグビー日本代表のメンタルコーチに。その後、多くのトップアスリートをサポート。現在、園田学園女子大学人間健康学部教授に就任。

撮影:MIKIKO

ラグビー日本代表のメンタルコーチだった荒木香織(46)は24歳で渡米している。

スポーツ心理学が学べる北アイオワ大学大学院への入学を目指して、語学学校に1年通った。返済義務のない奨学金獲得を目指し、懸命に英語を勉強した。1990年後半、学校に日本人女子は3人だけだった。

大学院に入り、分厚いスポーツ心理学の教科書を開くなりぶっ飛んだ。

「私ら、間違ってるやん!と叫びそうになりました。心をどうすればいいのか、すべて書いてあったから。しかも、すごくわかりやすい。3Dで見ている気分でした。どうとらえて、どう考えたらいいのかが書かれていました」

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み