プルコギベイク最高! アメリカ人記者が韓国のコストコに行って気付いた成功の秘訣

たこ

コストコは韓国でも大人気。

Kate Taylor/Business Insider

コストコはアメリカで最も愛されている店の1つだ。韓国でも同じように、たくさんのファンがいる。

韓国で16店舗を展開するコストコにとって、この国は世界で6番目に大きな市場だ。首都ソウルには特に熱心なコストコファンが多いと、コストコ韓国のリージョナル・マーケティング・マネジャーSunmi Goo氏はBusiness Insiderに語った。

Goo氏によると、ヤンジェにある店舗が韓国では一番人気だという。 富裕層の多いカンナム地区にあることもその理由の1つだろう。店は混雑している。クリスマスや正月前後の繁忙期には、コストコで買い物をしたい客が最大で1時間も列を作っていたとGoo氏は話している。

筆者は最近、ヤンジェにあるコストコを訪ねた。アメリカのコストコとは驚くような違いもいくつかあったが、コストコが世界中でファンを獲得している納得の理由が見えてきた。


韓国にある店舗のうち、9店舗はソウルまたはその周辺エリアにある。

建物外観

Kate Taylor/Business Insider

巨大な駐車場もある、シンプルな見た目のヤンジェ店は、外から見ると、アメリカのコストコとよく似ている。

入り口

Kate Taylor/Business Insider

中に入ると、またよく知った景色がわたしを出迎えてくれた。試食コーナーだ!

試食

Kate Taylor/Business Insider

アメリカと同じく、買い物をするにはコストコの会員カードが必要だ。筆者はカードを家に置いてきてしまったが、幸運にもコストコから店内の写真撮影の特別許可をもらった。

入会を勧めるバナー

Kate Taylor/Business Insider

店に入るとすぐに、いくつかの高価な商品が目に入ってきた。このダイヤモンドのネックレスは849万ウォン(約78万円)だ。

ネックレス

Kate Taylor/Business Insider

関連記事:コストコで買える、驚くほど高額な15のアイテム

この約460万ウォンのハンドバッグなど、ヤンジェ店ではさまざまな高級ブランドのアイテムが購入できる。

ハンドバッグ

Kate Taylor/Business Insider

さらに奥へ進むと、商品が天井まで積み上げられていた —— これもコストコの"あるある"の1つだ。

陳列棚

Kate Taylor/Business Insider

アパレルから食べ物まで、アメリカのブランドがたくさん並んでいた。

ナイキのシューズ

Kate Taylor/Business Insider

場所によっては、アメリカに戻ったかのようだった。

防寒具

Kate Taylor/Business Insider

ただ、よく見ると、アメリカではあまり見ない人気商品もある。オキアミ油もその1つだ。韓国のコストコでは、客がまとめ買いをしていた。

オキアミ油

Kate Taylor/Business Insider

わたしが店を訪れた時は、マスクが飛ぶように売れていた。新型コロナウイルスの感染拡大を恐れてのことだ。

マスク

Kate Taylor/Business Insider

ペットボトルの水は常によく売れていると、Goo氏は言う。

水

Kate Taylor/Business Insider

韓国で製造されたカークランド・ブランドの水も、週末には1日に3回から5回は補充しなければならないという。

カークランドの水

Kate Taylor/Business Insider

コストコの評判が広まるにつれ、カークランドも韓国で愛されるブランドになったとWoo氏は言う。コストコは基本的にマーケティングにお金を使わないため、韓国の顧客をつかむためには"口コミ"が欠かせない。

手袋

Kate Taylor/Business Insider

巨大なぬいぐるみも、コストコの定番だ。

ぬいぐるみ

Kate Taylor/Business Insider

さまざまなアップルの製品も手に入る。

アップルの製品

Kate Taylor/Business Insider

マッサージチェアで休憩してもOK。

マッサージチェア

Kate Taylor/Business Insider

韓国のコストコでは美容、医薬品、健康分野のアイテムもよく売れているという。

山積みの商品

Kate Taylor/Business Insider

ヤンジェ店では、地下の1フロアが全て生鮮食品売り場になっている。階段を下りていくと、わたしはすぐにアメリカのコストコがいかに寂しいかに気付いた。

フロア案内

Kate Taylor/Business Insider

おなじみの光景もある。ロティサリーチキンは……

ロティサリーチキン

Kate Taylor/Business Insider

たったの6490ウォン(約600円)。

ロティサリーチキン

Kate Taylor/Business Insider

豚という選択肢もある。

豚肉

Kate Taylor/Business Insider

韓国では近年、すぐに食べられる食事の売り上げが増えている。コストコも、この写真のビビンバのようなメニューを強化している。

ビビンバ

Kate Taylor/Business Insider

Source:Euromonitor

このパッケージには、アルミニウムの鍋、ホルモン、シーフードなど、ナッコプセを作るのに必要なものが全て入っている。

ナッコプセのセット

Kate Taylor/Business Insider

食料品売り場をさらに進んでいくと、アメリカのコストコよりも海産物の売り場が特に充実していることに気付いた。

かばやき

Kate Taylor/Business Insider

タコも丸ごと売っている。

たこ

Kate Taylor/Business Insider

生のナマコも……

ナマコ

Kate Taylor/Business Insider

アワビもある。

アワビ

Kate Taylor/Business Insider

もちろん、肉はシーフード以上に充実している。

肉

Kate Taylor/Business Insider

Goo氏によると、この店では2019年、生鮮食品の売り上げが14%増えたという。

果物売り場

Kate Taylor/Business Insider

アルコールの売り上げも伸びている。

酒

Kate Taylor/Business Insider

そして、売れているのは安価なワインだけではない。

シャンパン

Kate Taylor/Business Insider

このカベルネ・ソーヴィニヨンは、1本39万9900ウォン(約3万7000円)だ。

カベルネ・ソーヴィニヨン

Kate Taylor/Business Insider

だが、まとめ買いのオプションがないコストコというのもあり得ない。この巨大なソジュ(韓国焼酎)はこのまま飲むのではなく、食べ物を保存するのに使われる。

韓国焼酎

Kate Taylor/Business Insider

酔いたいなら、ハイネケンのミニ樽を選ぶといい。

ハイネケン

Kate Taylor/Business Insider

地下も試食が充実している。ここでは美味しいビーフジャーキーが試せる。

ビーフジャーキー

Kate Taylor/Business Insider

売り場を歩いていると、韓国で作られた焼きのりなど、カークランド・ブランドの商品が頻繁に目に入ってくる。

焼きのり

Kate Taylor/Business Insider

この菓子の詰め合わせは、旧正月を前にプレゼントを買い求める客に人気だった。

キャンディーミックス

Kate Taylor/Business Insider

人気のあまり、1人の客が買える個数を制限しなければならなかったという。

表示

Kate Taylor/Business Insider

スパムの山。

スパム

Kate Taylor/Business Insider

オレオもいい感じ。

オレオ

Kate Taylor/Business Insider

デザートも……

ケーキ

Kate Taylor/Business Insider

フードコートも充実している。ただ、韓国のコストコにはアメリカのコストコにはないメニューもある。

レジ

Kate Taylor/Business Insider

ホットドッグやピザといった定番メニューもあるが……

メニュー表

Kate Taylor/Business Insider

韓国のコストコでは、とんかつやプルコギベイク、アワビのお粥、ブルーベリーのヨーグルトスムージーなどを注文することができる。

フードコートで働くスタッフ

Kate Taylor/Business Insider

わたしは、プルコギベイクとお粥、スムージーを試してみた。全てがあまりに美味しくてびっくりした。

ベイク、粥、スムージー

Kate Taylor/Business Insider

プルコギベイクは特に素晴らしかった。カリカリのチーズ、もちもちした生地、美味しいプルコギ…… はまった。

プルコギベイク

Kate Taylor/Business Insider

玉ねぎ、マスタード、ケチャップを混ぜて、"コストコ・キムチ"を作る客もいた。

食事をする客

Kate Taylor/Business Insider

フードコートの食事は、アメリカのコストコと同じか、むしろそれ以上に美味しかった。正直に言うと、わたしはプルコギベイクを食べるのをもう何年も夢見ていたのだ。

フードコート

Kate Taylor/Business Insider

コストコは韓国で、アメリカと同じ理由 —— 手頃な価格、豊富な品揃えに加え、現地の好みを取り入れようとしている —— でファンを獲得し、成功している。

売り場の様子

Kate Taylor/Business Insider

これまでに5カ国、226店舗のコストコを訪れているラムジー・モンロー(Ramsey Monroe)さんは、世界のコストコを訪問する楽しみの1つは、その地域ならではの商品を見つけることだと、Business Insiderに語っている。

魚

Kate Taylor/Business Insider

わたしもモンローさんと同じ意見だ。現地の消費者の好みに合わせて多少調整し、アワビやプルコギベイクといったアイテムを追加することで、コストコの定番モデルがいかに客の心をつかんでいるかを知ることができた。世界各地で確実に成長を続けているコストコ。2020年も好調が続きそうだ。

筆者

Kate Taylor/Business Insider

[原文:We visited the most popular Costco in South Korea, and saw how the company has won over shoppers with free samples, fresh octopus, and bulgogi bakes

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み