BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン

Forward Thinker

Sponsored by

Forward Thinker

Forward Thinker

[ BUSINESS INSIDER JAPAN Special Feature ]

Forward Thinker

会議を変えた!グラレコの第一人者に聞く「新しいコミュニケーションのかたち」

| Business

Sponsored


会議の場で意図したことがうまく伝わらない、言いたいことがあるけれどそれを口に出すことができない、勇気を出して口にしてもスルーされてしまった──。誰しもそんな経験をしたことがあるのではないだろうか。

そうしたコミュニケーションのロスを解消し、議論を活性化させる手法として、今注目を集めているのがグラフィックレコーディングだ。

議論の要点を可視化しながら、結論へと至るプロセスをビジュアライズしてまとめていくという手法は、日々のコミュニケーションに新しい形を生み出すものでもある。リアルタイムにまとめられていく手描きのグラフィックレコーディングが、現代社会で求められる理由とは?グラフィックレコーディングの国内第一人者、清水淳子さんに話を訊く。

清水淳子(しみず・じゅんこ):デザインリサーチャー / グラフィックレコーダー。1986年生まれ。2009年多摩美術大学情報デザイン学科卒業後、デザイナーに。2013年Tokyo Graphic Recorderとして活動開始。同年、UXデザイナーとしてYahoo! JAPAN入社。2017年 東京藝術大学美術研究科にて情報視覚言語に関しての研究を行う。著書に『Graphic Recorder ―議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書』(BNN新社)がある。現在、多摩美術大学情報デザイン学科専任講師としてメディアデザイン領域を担当。

Related articles