BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン

Forward Thinker

Sponsored by

Forward Thinker

Forward Thinker

[ BUSINESS INSIDER JAPAN Special Feature ]

Forward Thinker

慶應発・ファッションテックが考える「サステナブルは楽しい」

| Tech Insider

Sponsored

川崎和也

撮影:伊藤 圭

「アルゴリズミック・クチュール」 ── 。耳慣れない言葉だが、H&Mファウンデーションが主催する「100%循環型のファッション業界」を目指すイノベーション・コンペティション「第4回Global Change Award」で、特別賞を受賞した日本人チームの作品だ。この作品を開発したのは、Synfluxという慶應義塾大学大学院の学生によるベンチャー企業。

ファッションデザイナーだけでなく、デザインエンジニア、アルゴリズムアーキテクト(建築家 )らが集まり、環境負荷の多さが問題となっているファッション業界において、テクノロジーを活用した新しい表現方法を誕生させている。Synflux共同創業者であるスペキュラティブ・ファッションデザイナーの川﨑和也さんに、ファッション業界にどんなイノベーションを起こそうとしているのか語ってもらった。

川崎和也(かわさき・かずや):スペキュラティヴ・ファッションデザイナー/デザインリサーチャー/Synflux主宰。1991年生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科エクスデザインプログラム修士課程修了(デザイン)、現在同後期博士課程。身体や衣服、素材にまつわる思索的な創造性を探求する実践を行う。主な受賞に、H&M財団グローバルチェンジアワード特別賞、文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員会推薦作品選出、Dezeen Design Award Longlist、STARTS PRIZE、Wired Creative Hack Award、YouFab Global Creative Awardなど。編著書に『SPECULATIONS 人間中心主義のデザインをこえて』(BNN新社、2019)がある。

Related articles