「来週死ぬなら今やるしかない」悪性リンパ腫をきっかけに、デイトレードを極めた男性の話。株式市場は奥が深い

prime_stock_top

新型コロナウイルスの影響で乱高下をくり返す株式市場。そこではさまざまな人生のあり方が交差する(写真はイメージです)。

Shutterstock.com

  • ジョシュ・エヴァンスは週1日のペースでデイトレードをしていたが、ガン宣告を受けたのを機に、全力で夢を追いかけようと決めた。フルタイムでトレードに打ち込んだのだ。
  • 彼は1日に数回、小幅な値動きで利益を確定させる取り引きをくり返し、薄い利益を積み重ねる「スキャルピング」の手法を実践している。
  • 本気で株取引に打ち込んでから数カ月目に大きな損を出したが、そこで戦略を見直したのが功を奏した。

ジョシュ・エヴァンスはオーストラリア出身の30代男性。20代のころは、ごく普通のX線技師だった。

しかし、技師として働いて11年が過ぎたころ、彼は仕事に飽きてきた。そこで興味を持ったのが株取引だった。

「遺産相続でちょっとしたカネが入ったおかげで、株を始める元手ができたんだ」

エヴァンスは(2020年1月に)出演したポッドキャスト番組「チャット・ウィズ・トレーダーズ」でそう語った。

友人の情報をもとに買った銘柄はうまくいかず、頭をかきむしったという。

「マーケットについて徹底的に勉強してやろうという情熱がわいてきた。そこからすべてが始まったんだ。ものごとがどう動いているのか、とことん理解しなくちゃ気が済まなかった」

エヴァンスは当時、週1日のペースで取り引きをしていた。まもなくリチウム関連株で好機をつかみ、38万豪ドル(約2500万円)の利益が転がり込んだ。駆け出しのトレーダーにとって衝撃的な金額だった。しかしその一方で、まもなく人生に大きな転機が訪れようとは、彼には知る由もなかった。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み