36歳で乳がんに。固執した会社という居場所から社会の役に立ちたい【UMU・西部沙緒里2】

西部沙緒里

1977年、群馬県生まれ。2002年、博報堂入社。 2015年に乳がんの手術を受け、その後不妊治療を始める。 2016年にライフサカス創業、翌年、長女を出産。 現在は「産む」ことにまつわるメディア「UMU」を運営。

撮影:鈴木愛子

ライフサカスCEOの西部沙緒里(42)の元には1枚のメモが残っている。乳がんの手術をする数日前、「20年後の私」に宛てて、書きなぐったメモだ。

「乳がんやだやだやだ ふつうのせいかつにもどりたい。もうやだ、もうやりたくない。おっぱいが特別だと思っているからつらいのか。今健康ですか、右のおっぱいは無事ですか、女に生まれて良かったですか。」

告知受け号泣、腰までの髪を切った

大手広告会社に勤務していた西部は2014年9月、36歳の時に左胸のしこりに気付いた。

前年も、会社の定期健診で右胸に良性のしこりが見つかっていた。その時は自然と消えたので「左にも同じものができたのかな」と、気軽に検査を受けた。

しかし検査後、真っ先に聞かれたのは「家族は来ていますか」。

「悪性です。初期なので直ちに生死には関わらないですが、できるだけ早く手術しましょう。胸を残せるかは分かりません」

と、医師から告知を受けた。

告知後「ひたすら混乱した」という西部がまず実行したのは、「断髪式」だ。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み