BI Daily Newsletter

最新テクノロジーと安全対策…新型コロナウイルス封じ込めの最前線

ロシアの検疫当局は、ブヌーコボ空港に到着した乗客の体温を検査している。サーマルイメージングデバイスでスクリーニングを行っているところ。

ウイルスによる主な症状の一つは発熱なので、サーマルイメージングデバイスを使って行うスクリーニングが有効だ。ロシアのブヌーコボ空港で。

Mikhail Japaridze\TASS via Getty Images

  • 新型コロナウイルスは、各国が拡散を封じ込めようとしているにも関わらず、現在28カ国で確認されている。
  • 国境の駅や空港の職員やボランティアは、ウイルスを拡散させる可能性のある個人をスクリーニングする最前線にいる。
  • 彼らは、サーマルイメージングなどの高度な技術に加えて、手袋やマスクなどの衛生用品などによる安全対策を施して任務に当たっている。

新型コロナウイルスの流行が確認されてから、わずか数週間で世界で少なくとも4万人が感染し、900人以上が死亡した。

ウイルスは中国の武漢を起点として28カ国に広がり、中国は16の都市の5000万人近くの人々を隔離してさらなる拡散を抑えようとしている。

当局は、患者を特定して治療するための医療検査や施設の整備を急いでいる。その一方で、駅や空港で働く職員は、ウイルスを広める可能性のある人物を選別する最前線にいる。

ここでは、未来的にさえ見える対策の写真をいくつか紹介する。


新型ウイルスの発生が報告され、人から人への感染が判明した後、当局は、感染する可能性のある接触を最小限に抑えるために、手袋やフェイスマスクなどの基本的な対策を推奨した

新型ウイルスの発生が報告され、人から人への感染が判明した後、当局は、感染する可能性のある接触を最小限に抑えるために、手袋やフェイスマスクなどの基本的な対策を推奨した

2020年2月4日、インドネシアのバリ島の国際空港で、新しいコロナウイルスへの感染を防ぐために保護マスク、手袋、ゴーグルを着用した情報係が乗客に指示を出している。

Johanes Christo/NurPhoto via Getty Images

Source: Business Insider

消毒剤も用意して、各国当局はあらゆる予防措置を講じている

手の消毒剤も用意して、あらゆる予防措置を講じている

ボランティアが乗客の体温を計測して、手の消毒剤を提供している。中国での新型コロナウイルスの発生を受けて、香港の議員と市民は臨時の検疫所を設置し、中国から到着する乗客を検査した。

Willie Siau/SOPA Images/LightRocket via Getty Images


混雑した駅や空港の広い範囲を消毒するために、職員は空港や鉄道の駅の構内、さらには乗客にまでスプレーをかけた

混雑した旅行センターの広い範囲を消毒するために、職員は空港や鉄道の駅、さらには乗客にまでスプレーをかけた

2020年2月4日、中国湖南省の長沙。防護服姿の担当者が駅を消毒している。

cnsphoto via REUTERS

Source: Business Insider

列車や飛行機の中も、ウイルスの感染を防ぐために消毒するようになってきている

列車や飛行機の車内も、ウイルスの感染を防ぐために消毒する時期に来ている

2020年1月24日、韓国ソウルの駅で、防護服を着た作業員が車内で消毒液を散布した。

Chung Sung-Jun/Getty Images


インドネシアなどの国では、入国の際の健康チェックを強化し、中国、香港、台湾からの乗客の体温を個別に測っている

インドネシアなどの国では、入国の際の健康チェックを強化し、中国、香港、台湾からの乗客の体温を個別に測っている

インドネシアのスカルノハッタ国際空港で、検疫官が外国人乗客の体温を測る。

Aditya Irawan/NurPhoto via Getty Images

Source: Time

中国ではボランティアが、香港の天水囲のような、人の多く集まる場所で体温を測定する活動を始めている

ボランティアは、香港の天水囲のような、人口の多い検問所で体温を測定する活動を始めている

2020年2月4日、香港・天水囲のバス停で、マスクを着けてレインコートを着た住民が乗客の体温を測っている。

Tyrone Siu/Reuters


空港のスクリーニングエリアでは、サーモグラフィ装置を使用して、多数の乗客をモニターしている

空港のスクリーニングエリアでは、サーモグラフィ装置を使用して、多数の乗客をモニターしている

2020年1月29日、マレーシアのクアラルンプール国際空港のLCCターミナルで。画面は検疫検査所を通過する乗客を示している。

Vincent Thian/AP


赤外線画像を使って人々を監視するのは、空港や駅だけではない。ホテルやカジノなどでも、この技術を利用して群衆を監視している

赤外線画像を使って人々を監視するのは、空港や駅だけではない。ホテルやカジノなどでも、この技術を利用して群衆を監視している

香港のホテル、グランド・リスボンで警備員が来場者を体温スキャナーで監視している。

Tyrone Siu/Reuters


携帯型のスキャナーは、乗客をより近くで調べることができる

携帯型のスキャナーは、乗客をより近くで調べることができる

ロシア当局職員が、赤外線画像装置で、中国からノボシビルスク国際空港に到着した乗客の体温を測定している。

Kirill Kukhmar\TASS via Getty Images


ウイルスによるの主な症状の1つは高熱であるため、サーモグラフィは隔離するべき人をすばやく見つけることができる。この技術はSARS流行の際にも利用された

ウイルスによるの主な症状の1つは高熱であるため、サーモグラフィは隔離するべき人をすばやく見つけることができる。この技術はSARS流行の際にも利用された

ロシアの検疫当局は、ブヌーコボ空港に到着した乗客の温度を検査する。写真はサーマルイメージングデバイスを使用した温度スクリーニングを行っているところ。

Mikhail Japaridze\TASS via Getty Images

Source: The Wall Street Journal

大きなスクリーンは、人々がターミナルを移動している間に、グループ全体を処理することができる

大きなスクリーンを使うと、ターミナルを移動している人々のグループ全体を一度に処理することができる

国際線の乗客は、サーマルスキャナーモニターで体温をチェックされる。インドネシアのアジスチプト国際空港で。2020年1月23日。

Ulet Ifansasti/Getty Images


モニターには、測定された温度(摂氏37度が望ましい)が表示される

モニターには、測定された温度(摂氏37度が望ましい)が表示される

インドネシアのスルタン・ムハンマド・バダルディン2世国際空港に到着し、サーマルスキャナーの前を通過する乗客。2020年1月23日。

MUHAMMAD A.F/Anadolu Agency via Getty Images

Source:US Library of Medicine

[原文:12 photos show the chilling futuristic tech being used to find people with the Wuhan coronavirus

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み