【後編】究極のネットフリックス就職ガイド[2020年版]最高人事責任者、元社員、人材会社に徹底取材した

ロック&キー Netflix

2020年2月から放送のホラーファンタジー大作『ロック&キー』プレミア上映に集まった出演者たち。Netflix(ネットフリックス)は動画ストリーミング企業を超え、総合エンタテインメント企業としての道を歩み出している。

Emma McIntyre/Getty Images for Netflix

  • Netflix(ネットフリックス)は、就職先としてテック企業のなかでトップレベルの人気を誇る。従業員の満足度も非常に高い。
  • ネットフリックスは近年、事業拡大に伴う人員を確保するため、世界全体で200人以上ものリクルーターを集め、採用活動のほとんどを自前で行っている。
  • 2020年、ネットフリックスに就職するために本当に必要なものは何か。前編に引き続き、同社の採用担当役員、元従業員、さらにスカウト会社のエキスパートに話を聞いた。

人材として注目され、面接で点数を稼ぐには

1. 自分のストーリーを練り上げる

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み