「合法大麻」産業に集まる優秀な人材たち。年収10万ドル以上稼げる6つのポジション、栽培から小売りまで

合法大麻 栽培

大麻草の栽培施設。カナダでは大麻が全面的に合法化されており、アメリカでも民主党の大統領選挙候補者がそれに続こうと主張している。

REUTERS/Blair Gable

  • 合法大麻(cannabis)を扱う業界には、年俸10万ドル以上のポジションがある。
  • 大麻業界専門の人材会社ヴァンスト(Vangst)によると、2018〜19年に求人数は79%増を記録した。
  • 同社が発表した業界給与レポートにもとづき、大麻の栽培・抽出・製造・小売り部門で最も稼げる6つのポジションを紹介しよう。

大麻業界では最近、スタートアップでも大企業でも解雇が相次いでいる。それでも、業界を待ち受けているのは輝かしい未来のようだ。

ウォール街のアナリストたちは、2030年までに合法大麻の市場規模が850億ドル(9兆3500億円)に拡大すると予測する。また、大統領選挙の民主党候補者の大半は、大麻の全面的な合法化を支持している。

これから大麻業界で働こうと思うなら、新しいプロダクトの販売に乗り出すにしても、思い切って業界を飛び越えてキャリアチェンジするにしても、高収入の重要ポジションに就くチャンスがありそうだ。

大麻業界専門の人材会社ヴァンストは、アメリカの14市場で600社以上と提携し、求職者との斡旋(あっせん)を行っている。同社によると、2018年から19年の間に業界全体の雇用機会は79%増えたという。

2017年に開催された世界最大の「大麻産業就職フェア」。5000人以上の求職者が来場した。動画の途中にヴァンストのカーソン・ヒュミストンCEOが登場。

出典:Fox Business YouTube Channel

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

経営理論でイシューを語ろう

BI PRIME

【音声付・入山章栄】正解なき時代は「実現したい自己」が問われる。いま日本社会に必要な“NX”とは

  • 入山章栄 [早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授]
  • Oct. 01, 2020, 05:30 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み