Slack、IBM全社員35万人に導入拡大。ビジネスチャット「頂上対決」でマイクロソフトと火花

prime_slack_IPO

2019年6月20日、スラックはニューヨーク証券取引所に上場を果たした。

Drew Angerer/Getty Images

  • 2月10日にIBMが全社でSlack(スラック)を導入したことが明らかになった。
  • IBMは数年前にスラックを導入しているが、今回同社の全従業員35万人にアカウントを拡大する。
  • 複数のアナリストによると、IBMとの契約によってスラックが巨大企業のニーズを満たすサービスを提供できることが示され、同時に、競合とされるマイクロソフト「Teams(チームス)」と十分戦えることが証明された。

スラックが最大の顧客であるIBMとのさらなる関係強化に成功した。大企業から信頼と予算を得てビジネスを展開する能力を示したと言っていいだろう。2019年6月に上場したばかりの同社にとって、大きな一歩となった。

Business Insiderは2月10日、IBMが「全面的に(wall-to-wall)」スラックを導入すると報じた。IBMは以前からスラックを活用していたが、その範囲を35万人の従業員全体に拡大する。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み