新型コロナウイルス「最も経営リスクの高い12社」ゴールドマン・サックスが選定。エヌビディアやクアルコムも…

prime_corona_company

2月7日、新型コロナウイルス流行を受け、感染を恐れる市民が外出を控えたために、閑散とした北京市内の様子。

REUTERS/Jason Lee

中国・武漢を発生源とする新型コロナウイルスの広がりが世界の株式市場に影響をおよぼしている。しかし、アメリカ市場は早くも先行き懸念が和らぎ、株価回復に転じて史上最高値を更新している。

しかし、ゴールドマン・サックスによると、中国に顧客を抱える企業にとっての苦境は続いており、回復までは時間がかかりそうだ。

新型コロナウイルスの流行から、アメリカの主要株価指数の回復までにはさほど時間がかからなかった。しかし、経済面での影響はまだまだ続きそうだ。

ゴールドマン・サックスのチーフストラテジスト、デービッド・コスティンによると、中国との取引額が大きい企業は投資家から敬遠される傾向があるという。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み