BI Daily Newsletter

世界的なチョコレート会社が、3Dプリンターによる量産を開始

 チョコレート

Francois Lenoir/Reuters

  • スイスのバリーカレボー社は、3Dプリントしたチョコレートをホテル、コーヒーチェーン、レストランに展開すると発表した。
  • 同社は声明の中で、新たに設立した工房によって、世界で初めて3Dプリントのチョコレートを大規模に生産することができると述べた。
  • 同社によると、「オーダーメイドのような見た目」を維持しながら、一度に多くのチョコレートを生産することができるという。
  • 3Dプリントされたチョコレートは何年も前から存在しているが、技術的な問題で、広く入手できるようにはなっていない。

ホテルやコーヒーチェーン、レストランなどで見かける精巧なデザインのチョコレートは、まもなく3Dプリンターで作られるようになるかもしれない。

2月14日、スイスのチョコレートメーカー、バリーカレボー(Barry Callebaut)は、新たなチョコレート工場「モナリザ(Mona Lisa)」で、3Dプリントのチョコレートを大規模に生産することができるようになったと述べた。同社によると、同スタジオは「オーダーメイドのような」チョコレートを一度に何千も「印刷」することができるという。当初は、ヨーロッパの一部の国で提供される。

これからのチョコは3Dプリンターで作る

Francois Lenoir/Reuters

基本的なアイデアは、パティシエたちが、飲み物やお菓子、キャンディ、その他のデザートなどに使うデザインを、3Dプリンターで、より簡単に、数多く生産できるようにするというものだった。

同社のイノベーション責任者であるパブロ・ペルベルシ(Pablo Perversi)氏は、このスタジオを「『モナリザ』 ブランドを業界の最先端に位置づける画期的な技術革新」と表現した。

バリーカレボーの名前はあまり知られていないが、ネスレ(Nestlé)、ユニリーバ(Unilever)、ハーシー(Hershey)のようなブランドのチョコレートを製造していて、そのロゴは表に出ないにも関わらず、世界のチョコレート・ビジネスに大きな影響を与えている。

また同社は、ミルク、ホワイト、ダークチョコレートに加わるピンク色のチョコレート「ルビーチョコレート」も開発した。

3Dプリントのチョコレートは何年も前からあるが、大量生産に適した技術が実現していないため、まだ広く入手できるようにはなっていない。

ヨーロッパでは、ここ数年チョコレートの材料のココアの価格が上昇している。しかし、世界的に見れば、業界の見通しは明るい。ロンドンの市場調査会社Technavioは、世界のチョコレート菓子市場の規模は、大手チョコレートメーカーによる顧客を引き付けるアプローチによって、2019年から2023年にかけて約200億ドル(約2兆2000億円)増加すると予測している。

[原文:A large Swiss chocolatier that works with Hershey and Nestlé says it's rolling out 3D printed chocolate to the masses

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み