女性のカードローン利用7割が「生活費」目的。8割が年収300万未満、返済まで5年超

promise_acom

女性のカードローン利用者の8割が平均給与を下回っており、「生活費」としてキャッシングしていることが分かった。

撮影:Business Insider Japan

カードローンを利用する女性の約7割が「生活費の補填」のため。さらに約8割が年収300万円未満で、うち100万円未満の人は2割以上。借り入れ期間も5年以上にわたる人が多いという調査結果が出た。

自己破産件数が2年連続で7万件を超える中、困窮する女性の実態が改めて浮き彫りになった形だ。

年収100万円未満の利用者も2割

カードローン

出典:ウィズマネー

調査はカードローンでお金を借りたことがある全国の20~50代の女性400人を対象に、2020年1月、インターネット上で行われた(Webメディア「ウィズマネー」調べ)(小数点以下、切り捨て)。

初めてカードローンを利用した時の年収は「100万円以上200万円未満」が27%と最も多く、次いで「200万円以上300万円未満」の28%「100万円未満」も23%おり、年収300万円未満の女性が全体の79%を占めていた。

カードローンを利用した理由として最も多かった(複数選択可)のが「生活費の補填」で、64%にのぼった。次に多かった「娯楽・交際費」の18%を大きく引き離した形だ。

また「生活費の補填」と回答した割合は、既婚者75%に対して、未婚者58%だった。

多重債務120万人、注意点は

女性

GettyImages / Atipati Netiniyom / EyeEm

カードローンで借りた総額を尋ねたところ、「100万円以上200万円未満」が14%で最も多かった

借入期間も「5年以上」と回答した人が最も多く35%を占めており、1年未満で完済する人は全体の約20%程度という結果に。

初めてカードローンを利用した時の属性としては、会社員41%、アルバイト・パート28%、契約社員・派遣社員11%、専業主婦7%だった。

調査を監修したファイナンシャル・プランナーの伊藤亮太さんは言う。

「他の調査でも分かっていることですが、年収が低い人ほどカードローンを利用することが多いです。

生活費の補填でカードローンを利用する場合、一時的なしのぎではなく毎月のように利用している人は、早急に見直しを。

多重債務状態になっている方は、全国に120万人ほどいる見込みです。そうした状況で苦しむことのないよう、『借りるならいくらまで』『毎月必ず返済する』『複数で借り入れしない』などのルールを持った方がいいでしょう」

消費者金融はネット銀行が「人気」

カードローン

出典:ウィズマネー

女性たちがこれまでに利用したことがあるカードローンは(複数回答可)、「プロミス」と「アコム」がそれぞれ30%で最多「アイフル」の24%が続くなど大手消費者金融が人気だった。

一方で、「地方銀行」15%、「三井住友銀行カードローン」14%、「三菱UFJ銀行カードローンバンクイック」11%、など銀行カードローンの利用者も多かった。

「消費者金融、ネット銀行の利用者が多いのは使い勝手の側面からだと思われます。どこで借りるにしても確認しておきたいのが金利です。金利が低いという視点で借りるのか、上限金額や使い勝手という側面で借りるのか検討して利用してください」(伊藤さん)

報道によると、個人の自己破産申立件数は2018年、2019年共に7万 件を超え増加傾向だ(NHK「自己破産7万超 増加傾向続く キャッシュレス化の影響も」)。

その一因として銀行カードローンの過剰融資を指摘する声もあるが、女性の年間平均給与は293万円(2018年、国税庁「民間給与実態統計調査」)。今回の調査で分かったカードローン利用者の多くが平均を下回っていたことは、改めて考える必要があるだろう。

(文・竹下郁子)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み