BI Daily Newsletter

ボストン大学のジェンガのような新校舎は、化石燃料を一切使わない省エネ設計

ボストン大学の新校舎

ボストン大学の新校舎。

KPMB Architects

  • ボストン大学のキャンパスに、持続可能性の高い校舎が加わる。
  • 2022年完成予定で、地熱などを活用して化石燃料は一切使われない。
  • このコンピューティング&データサイエンス・センターはキャンパス最大の建物になる予定で、最新の省エネ技術を取り入れている。

ボストン大学が、持続可能性へ向けて大きな一歩を踏み出そうとしている。19階建て、35万平方フィート(約3万2500平方メートル)の新校舎が、2022年に完成予定だ。ボストン大学のキャンパスで最も高い建物で、数学、統計学、コンピューター・サイエンスの学部を併置する。

新校舎の計画は、2017年に承認された同校の気候行動計画に従ったものだ。この計画の主な目的は、2040年までに炭素排出量をゼロにすること。費用は推定1億4100万ドル(約157億8600万円)。海面上昇に備えるようにというボストン市の提案に基づいている。設計は、KPMBアーキテクツ(KPMB Architects)が担当した。

19階建ての校舎が建つのは、ボストン市が海面上昇予測に基づいて推奨する高さより、5フィート(約1.5メートル)高い場所だ。これにより、チャールズ川の氾濫から校舎を守ることができる

ボストン大学の新校舎

KPMB Architects

出典:City of Boston

ボストン大学によると、新校舎は2022年に完成すると校内で最も大きく、最も燃料効率のよい建物となる

ボストン大学の新校舎

KPMB Architects


この校舎は「縦型のキャンパス」で、低層には人の出入りの多い研究室や講堂、高層には演習室や実験室があり、屋上は皆の集まるスペースとなる

ボストン大学の新校舎

KPMB Architects


化石燃料は一切使われず、省エネ技術を取り入れている

ボストン大学の新校舎

KPMB Architects


必要なエネルギーは地熱によって賄われ、ガス管は引かれない

ボストン大学の新校舎

KPMB Architects


特注のトリプルガラスの窓で、室内の温度を管理してエネルギーの消費を抑える

ボストン大学の新校舎

KPMB Architects


コンピューター画面の反射を抑えるように設計されたシェーディングシステムなどを取り入れた

ボストン大学の新校舎

KPMB Architects


環境のことだけを考えて設計された訳ではない。大学の校舎らしく、壁がホワイトボードになっている部屋もあり、学習や共同研究をサポートする

ボストン大学の新校舎

KPMB Architects



ボストン大学はボストンの中心地にある。そのため、街並みに溶け込むデザインでもある

ボストン大学の新校舎

KPMB Architects


ボストンの厳しい気候を考慮した通路や緑地もある

ボストン大学の新校舎

KPMB Architects


それらは、歴史的なブラウンストーンの校舎とキャンパスにある他の建物をつなぐ

ボストン大学の新校舎

KPMB Architects


チャールズ川の対岸からは、こんな風に見える

ボストン大学の新校舎

KPMB Architects


[原文:Boston University is building an enormous new building that looks like a Jenga tower and uses no fossil fuels

(翻訳:Ito Yasuko、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み