ディズニープラス、インドで会員600万人を獲得してネットフリックスを抜く勢い。米銀ウェルスファーゴ予測

ディズニー プラス 動画配信

動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」はローンチ数カ月で会員3000万人を超える勢いだ。

REUTERS/Brendan McDermid

  • 米銀大手ウェルス・ファーゴのアナリストチームは、「ディズニープラス」が2020年度内にインドで600万人の会員を獲得するとの見通しを示した。
  • 競合するネットフリックスの(インドにおける)会員数は400万人。
  • ウェルス・ファーゴがサードパーティから得たマーケットデータを分析した。

ウォール街のアナリストたちは、3月に「ディズニープラス」がローンチすれば、インドにおける動画配信サービスの会員数でトップの座を奪うと予測している。(ディズニー孫会社が運営する)姉妹サービス「ホットスター」とディズニーの強固なファン基盤がすでにあるからだ。

ウェルス・ファーゴのアナリストチームが2月18日に発表したレポートによれば、ディズニープラスは2020年度内に600万人の会員を獲得すると見込まれている。インドではネットフリックスを抜いて首位に躍り出ることになる。

ネットフリックスは2016年にインド進出。現在同国内で400万人の会員を抱える。ウェルス・ファーゴのレポートでは、ネットフリックスが2020年にどのくらい会員を増やすかは触れられていない。

ディズニープラスは2019年11月に北米とオランダでローンチ。2月4日時点で「2860万人を超えた」(米ウォルト・ディズニーのボブ・アイガーCEO)。インドでは3月29日にサービス開始を予定している。

インドではスマホ所有率とインターネット普及率が爆発的に拡大しており、ネットフリックスやアマゾンプライム・ビデオも含め、動画配信サービスへのニーズが高まっている。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み