無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


【佐藤優】結婚プレッシャーに悩む若者に捧ぐ、バツイチ経験で悟った「家庭」をうまく回す2つの作法

佐藤さん04サムネ

会社の人間関係の考え方、友人の重要性を教えてもらったシマオ。人間関係に関するモヤモヤとした気持ちは少しずつ晴れてきたが、1つ気がかりなことが残っていた。それが「結婚」と「家族」という問題である。「社会人になったら、いずれは結婚し、家族を持つ」という社会通念はもう古い。しかしそう思いながらも、周りからの「結婚」プレッシャーに少しずつ焦りを感じてきたシマオに、佐藤優さんはどのような示唆を与えるのだろうか。

profile

結婚は強力なセーフティネットのひとつ

シマオ:佐藤さんの人間関係の考え方を聞いて、かなり気持ちが晴れました。正直、こういうもやもやした悩みって誰にも話せなくて。

佐藤さん:かまいませんよ。会社の人間関係、友人と若い時にはいろいろと悩みがつきものです。根が真面目な人は、1つのものごとにきちんと向き合おうとするので、悲観的になりやすいですよね。

シマオ:ええ、僕も自分自身、本当に悲観的だな、って、思います。

先日も友人の結婚式があったんですが、おめでたいのはおめでたいんですけど、どんどん落ち込んできちゃって。僕って結婚できるのかな、それほど誰かに必要とされるのかな、とか、独り身のままで孤独死したらどうしよう、とか。

佐藤さん:それが悲観的。

シマオ:ですよね。自分でも思います。

佐藤さん:シマオ君は結婚したいんですか?

シマオ:それが、結婚というものに実感がわかないというか、したいかと言われたら正直、したくないかもしれません。自信がないとういうか。

佐藤さん:自信ですか。ちなみに相手は?

シマオ:いないんですけど(笑)。もし仮に彼女がいたとしても、いざ結婚するとなると経済的な不安が大きいな、と。

佐藤さん:一番の不安はお金のことですか。

シマオ:はい。家族を養っていくと思うと、その責任を自分が負えるのかどうか。僕自身、これからの将来をすべて肯定的に考えられているわけではないので。正直、ときどき生きるのって辛いなあ……と思うこともしばしばです。

そもそも、人はなんで結婚をするんですかね?

佐藤さん:それは簡単です。1人より2人の方が経済的にも精神的にも心強いからですよ。社会が不透明かつ不安定な状況になるほど、人は人とのつながりを求め、揺るぎない基盤を作ろうとします。これは“派閥”の時の話にも通じることですが、「安定したい」という共通目的のための共同体を作ろうとするのです。

シマオ:家族も派閥と考え方は一緒?

佐藤さん:そう思います。あらゆるリスクを回避したいという動物の自己防衛の一種だと思っています。

シマオ:じゃあ、やっぱり結婚しないと……。

佐藤さん:いやいや、それは違います。私は基本的に、結婚するとかしないとかは個人の選択だと思っていますし、独身だって立派な家庭は作れますよ。それこそ、前回話した友達などが周りにいれば十分だと思います。

シマオ:(ほっ)

佐藤さん:角田光代さんの『八日目の蝉』や『対岸の彼女』を読むと、さまざまな形態の家族があると皮膚感覚で分かります。

シマオ:あ、読んだことがあります。家族は結婚だけで作られるものではない、ということか。

佐藤さん:ただ、結婚は人生最大のセーフティネットだということは覚えておいてください。今は健康だとしても、今後、もしあなたが身体を壊した時、パートナーが代わりに頑張ってくれれば保険となるし、仕事で失敗した時なども、パートナーやその周りの人たちからのサポートで新しい活路が開けたりします。

佐藤さん04_2

離婚経験者の佐藤さんだが、それでも結婚には合理性があると言う。

シマオ:たしかに僕は特にこれといったコミュニティにきちんと属していないので、社会的基盤がないというか、腰が落ち着かない気持ちになったりしますね。

佐藤さん:経済的にはもちろんのこと、家庭というのは精神的にも大きな安全弁となってくれる可能性があります。ストレスフルな社会の中、家庭やコミュニティの役割は、仕事で抱えるストレスを緩和できる場所とも言えると思います。

シマオ:そうなんです。ほっとできる場所を作りたいって気持ちはすごくあります。この気持ちが“群れ”を欲する気持ちなのか。

佐藤さん:はい。人間にとって結婚という“群れ”を作るのは生物学的に自然な傾向なのです。経済的にひっ迫するからと言って結婚を避けていても、1人でいることによる精神的孤独感により鬱病になってしまっては、どちらが経済的に正解なのかは分かりませんよね。

シマオ:なるほど。結婚はただただお金がかかるということではなく、長い目で見れば合理的ということですかね?

佐藤さん:はい。でもまあ、それは相手次第ですけどね(笑)。

シマオ:ですよね……。

家族とはお互いに理解できない人たちの共同体

シマオ:少し突っ込んだことをお聞きますが、佐藤さんは結婚してますよね?

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み