植物由来のミルクチョコバーをテスト中…食品メーカーに植物由来製品開発の圧力?

キャドバリーのデイリーミルク チョコレートバー。

キャドバリーのデイリーミルク チョコレートバー。

Hollis Johnson/Business Insider

  • イギリスの菓子メーカー、キャドバリーが、人気商品「デイリーミルク チョコレートバー」の植物由来バージョンをテスト中だ。
  • 親会社であるアメリカのモンデリーズ・インターナショナルによると、発売日は未定。
  • 菜食主義の大ブームにより、多くの食品メーカーが植物由来の新製品を生み出さなければならなくなっている。

菜食主義の台頭により、現在は植物由来製品を製造していない食品メーカーも、これに注目し始めている。

世界で最も有名なチョコレート・メーカーの1つであるキャドバリー(Cadbury)も最近、このトレンドに乗じ、新たに植物由来のデイリーミルク チョコレートバーの開発に着手している。

「我々は、常に消費者の声に耳を傾け、よりよい製品の開発と提供ができるようにしている。植物由来のデイリーミルク チョコレートバーも製品化を検討している」と、同社の親会社、モンデリーズ・インターナショナルの広報はBusiness Insiderへのコメントで述べた。ただし、製品の発売は「すぐにではない」とも述べた。

「消費者がキャドバリー製品に求め、愛する食感や味をそのまま残すことができるのであれば、植物由来製品の発売に興味はある」

菜食主義が台頭している。イギリスの市場調査会社グローバルデータ(GlobalData)のレポートによると、アメリカでは菜食主義だと言う人の数が、2014年から2017年で600%増となった。イギリスでも、過去10年で3倍になったとビーガン協会(The Vegan Society)は見積もっている。

そのため食品メーカーは、既存の製品の改良や、消費者のニーズに合った製品展開のプレッシャーに晒されている。

[原文:Cadbury is testing a new plant-based version of its massively popular Dairy Milk chocolate bar as veganism sweeps the globe

(翻訳:Ito Yasuko、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み