【現代アーティスト・長坂真護4】アートを通した社会貢献で資本主義を変える

長坂真護

撮影:福田秀世

バイオベンチャーのユーグレナ社で副社長を務める永田暁彦(37)は1年半ほど前、現代アーティスト長坂真護(35)の作品を買った。

祖母と母が華道家だったこともあって、幼いころから身の回りには常に花があった。永田自身も経営者として超多忙な日々を送る中、華道の稽古を続けている。花に囲まれて育ったことが影響したのか、永田は現代アートが好きだ。

経営者仲間の紹介で、真護を含む数人で焼き肉を食べに出かけた。食事が終わるころになって、永田は作品をひとつ買うと真護に伝えた。

購入したのは、月をモチーフにしたシリーズの作品だった。

2015年11月、フランスのパリで起きた同時多発テロ事件で、100人以上が亡くなった。

ニュースに触れた真護は、フランスを訪れた。テロの傷跡が深く濃く残るパリの路上で、絵を描いた。この体験から生まれたのが、月のシリーズだ。

「同じ精神で社会を変えようとしている」

長坂真護

真護の都内にあるスタジオには、ガーナから送られた大量の廃棄物がある。それをキャンパスに打ち付け、絵を描いていく。

撮影:福田秀世

永田は、慶應義塾大学を卒業して新卒でプライベート・エクイティファンドに入社。投資先だったユーグレナ社に派遣された縁で、ごく初期から同社の成長を支えてきた。ユーグレナは、藻類の一種であるユーグレナ(和名ミドリムシ)を食品にして販売している。この数年は、ユーグレナをバイオジェット燃料とする取り組みに力を入れている。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BI PRIME

【GO三浦×郭晃彰】若者に届く報道の形はある?ヒントは「政治のエンタメ化」

miura_15_thum

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み