"投資の神様"ウォーレン・バフェット氏、ついにガラケーを捨てiPhoneに持ち替えたことを明かす

ウォーレン・バフェット

CNN

最も有名なアップルの投資家であるバークシャー・ハサウェイのCEOウォーレン・バフェット氏が、ついにガラケーを捨てた。

「わたしのガラケーは永久に去った。番号も変わった」と、バフェット氏は2月24日午前(現地時間)にCNBCで放送されたインタビューで明かした。

同氏の新しい携帯電話は、もちろんiPhoneだ。

「最新モデル」を使っているというバフェット氏だが、「フォートナイト」をプレイしたり、インスタグラムのフィードをだらだらスクロールしたりはしていない。

「大半の人が使っているような機能は使っていない」

「電話として使っている」と、バフェット氏は言う。

ウォーレン・バフェット

Paul Morigi / Stringer / Getty Images

スマートフォンが広く普及する中、バフェット氏の"携帯電話"は注目を集めていた。

バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイはアップルの株の5.6% —— 価値にして700億ドル(約7兆7600億円)以上 —— を所有している。アップルに対する経済的な関心は明らかだったが、バフェット氏はスマートフォンに持ち替えることに抵抗してきた。世界中がスマートフォンを導入する中、バフェット氏はサムスンのガラケーを使い続けていた。

ただ、バフェット氏は自分でiPhoneを購入したわけではないとCNBCに語った。アップルのCEOティム・クック氏など、周りの人々がバフェット氏にiPhoneを贈っていたからだ。

「ティム・クックからもらったものを含め、複数のiPhoneをもらっていた」とバフェット氏は話した。

アップルのCEOであるクック氏は、何年も前からバフェット氏にガラケーをiPhoneに持ち替えるよう説得を試みてきた。「個人的にオマハへ行って、技術的なサポートをすると、バフェット氏に話した」とクック氏は2018年6月、Bloomberg TVに語っている。

バフェット氏は、5月にオマハで予定されているバークシャー・ハサウェイの株主総会では「新しいスマートフォンと親しくなろうとしているわたしの姿」が見られるだろうと笑った。

[原文:Major Apple investor Warren Buffett has finally given up his flip phone in favor of an iPhone after receiving several as gifts, including from Apple CEO Tim Cook

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み