日系企業は新型ウイルス対応遅い?外資系は「採用停止」

GettyImages-654310597

新型コロナウイルスへの対策は、外資系企業と日系企業で差がみられることが分かった(写真はイメージです)。

Getty Images

新型コロナウイルスへの対策で、外資系企業と日系企業との間に「差」が生まれている。

外資系企業では中途採用を一時的に停止する動きが出ているほか、海外への渡航制限やテレワーク実施に取り組んでいる割合が、日系企業より多いことがアンケート調査で明らかになった。

アンケート調査を行ったのは、グローバル人材向け人材紹介会社エンワールド・ジャパン。同社の担当者は、「日系企業に比べ、外資系企業の方が新型コロナウイルスへの危機感を持っている」と指摘している。

アンケート調査は2月20日から3日間、インターネットで実施。同社から人材を受け入れている会社などの人事・採用担当者554人が回答した。回答者の所属は外資系企業が65%、日系企業が35%だった。

中途採用、外資系企業の2割「一時停止」

kaeannke1

日系企業の中途採用での感染予防対策では、「面接のオンライン化」や「マスク着用」が多かった。

出典:エンワールド・ジャパン「新型コロナウイルス感染対策アンケート」

アンケートではまず、「中途社員の採用で新型コロナウイルスの感染対策をしているか」について質問。外資系企業の27%、日経企業の23%が対策を実施していると回答、いずれも4分の1前後だった。

ただし、対策の中身では両者に差がみられた。

複数回答で実施している対策を選んでもらったところ、日系企業では70%が「採用面接のオンライン化」を挙げたのに対し、外資系企業は56%だった

「採用面接時のマスク着用の義務付け」は、日系企業で約4割だったが、外資系企業では約2割だった。

また、圧倒的に大きな差がみられた予防対策の一つが「採用活動の一時停止」だ。

外資系企業では22%が感染対策として「一時停止」を実施していると答えたのに対し、日系企業ではわずか5%。

日系企業は面接時の感染予防に力を入れている企業が多いが、外資系企業ではそもそも中途採用を停止している企業も多いことがわかった。

外資系企業で進むリモートワーク、時差出勤

kaeannke2

外資系企業では、日本に企業に比べ「海外への渡航制限」や「リモートワーク」の実施が多かった。

出典:エンワールド・ジャパン「新型コロナウイルス感染対策アンケート」

採用だけでなく、日頃の社員への感染防止策でも外資系企業と日系企業で違いがみられた。

外資系企業も日系企業も、8割を超える企業が「社員に対して新型コロナウイルスの感染対策を実施している」と回答。

行っている対策の内容としては、外資系企業、日系企業ともに1位は「マスクの配布やアルコール消毒の設置などの衛生管理」で約8割が実施していた。

しかし、2位以降の対策ではいくぶんの差がみられた。

外資系企業の77%が「海外への渡航制限・禁止」を行っていたのに対し、日系企業では63%。また「リモートワーク・在宅勤務」は、外資系企業の実施は70%だったのに対し、日系企業は55%だけだった

「時差出勤・オフピーク出勤」についても、外資系企業は7割が実施していたのに対し、日系企業は5割超。外資系企業の方が、新型コロナ対策として働く時間や場所を選択できる環境が整っていると言えそうだ。

一方で、日系企業の方が割合が多かったのは、「自社イベントの開催自粛」(日系企業50%、外資系企業43%)、「社内に相談窓口の設置」(日系企業22%、外資系企業19%)、「社員の外部イベント参加の禁止」(日系企業27%、外資系企業17%)だった。

アンケートを行ったエンワールド・ジャパンの担当者は、結果についてこう話す。

「外資系のSaaS関連企業では社内のクラウド環境が整っていることもあり、早くからテレワークを推奨していました。

外資系企業に比べると、日系企業はやや遅れて対応を進めているので、今後、中途採用を一時的に止めたり、採用そのものを先延ばしにする企業が増えると予測されます」

(文・横山耕太郎)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み