真実を伝えて! トランプ政権の新型コロナウイルス対応を公衆衛生の専門家たちが批判、「D評価」の声も

トランプ大統領

Reuters

  • 危機に関してウソをついてきたアメリカのトランプ大統領は、政権が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に対応しなければならない今、大きな問題になりかねない。
  • 「全般的に、真実でないことを言ったり話を誇張しがちな彼の性質は、新型コロナウイルスが流行する中、おびえた一般市民に情報を知らせなければならないという時に、非常に有害だ」とジョージタウン大学の公衆衛生の専門家はINSIDERに語った。
  • 米疾病予防管理センター(CDC)がアメリカでの感染拡大は避けられず、深刻な被害をもたらす可能性があると警鐘を鳴らす中、トランプ大統領は株価に注目する一方で、その脅威をないがしろにしている。
  • アメリカは新型コロナウイルスへの備えがどれだけできているか、複数の専門家に1~10で評価してもらったところ、ハーバード大学のある専門家は「5」と回答し、トランプ政権の情報伝達は「一般市民を混乱させている」として「D」評価を付けた。

新型コロナウイルスの脅威が高まる中、一般市民の安全に関わる危機について、ウソをついたり、話に尾ひれをつけてきたトランプ大統領は、アメリカ人にとって大きなリスクになりかねないと、公衆衛生の専門家たちが警鐘を鳴らしている。

「西アフリカで感染症が流行した時に渡航の禁止を呼びかけるなど、トランプ大統領には人々のパニックをあおってきた歴史がある。中国とアメリカは(新型コロナウイルスを)完全にコントロールしていると発言するなど、人々に誤った安心感を与えている」と、世界保健法を専門とするジョージタウン大学のローレンス・ゴスティン(Lawrence Gostin)教授はINSIDERに語った。ゴスティン教授はパンデミックへの備えについて、世界保健機関(WHO)にアドバイスしているという。

「全般的に、真実でないことを言ったり話を誇張しがちな彼の性質は、新型コロナウイルスが流行する中、おびえた一般市民に情報を知らせなければならないという時に、非常に有害だ」と、教授は述べた。

ゴスティン教授は、大統領が新型コロナウイルスは「コントロール下にある」と発言する一方で、CDCは「感染は(アメリカ国内で)広く拡大する」だろうと述べるなど、すでに「トランプ政権からは矛盾するメッセージ」が出ていると指摘する。

CDCが警鐘を鳴らしたのは、イランやイタリア、韓国で新たに感染が広がり、世界的なパンデミックの恐れが高まる中でのことだ。

「起こるかどうかの問題ではなく、具体的にいつそれが起こり、この国で何人の重症者が出るかの問題になった」と、CDC国立予防接種・呼吸器疾患センター(NCIRD)の所長、ナンシー・メソニエ(Nancy Messonnier)博士は2月25日の会見で述べた。

「一般市民の多くが、大統領を信頼できるメッセンジャーと見なしていない」

トランプ大統領はこれまで、さまざまな危機に関して、数々の誤った発言をしてきた。例えば、2019年4月には災害復興にかかるコストに不満を述べる中で、プエルトリコがハリケーン「マリア」に見舞われた後、910億ドル(約10兆円)の支援を受けたと、誤ったツイートをした。9月には、アメリカのどの地域がハリケーン「ドリアン」の影響を受けるかをめぐって、自身の誤った主張を正当化するために、ハリケーンの進路予想図に黒い油性ペンで予報円を書き加えたと報じられた。

世論調査でも度々、アメリカ人の多くがトランプ大統領を「不誠実」で「信頼できない」と見なしているとの結果が出ていて、世界的なパンデミックが起こるかもしれないという時に、これは大きな問題となっている。

「アメリカの一般市民の多くが、大統領を信頼できるメッセンジャーと見なしていないという事実は、本当に問題だ」と、シンクタンク「世界開発センター(Center for Global Development:CGD)」 のシニアフェローで、米国際開発庁(USAID)の国際災害支援の責任者として、オバマ政権の西アフリカで起きたエボラ出血熱の流行への対応を監督したジェレミー・コニンディク(Jeremy Konyndyk)氏はINSIDERに語った。

その上で、「トランプ大統領は、"油性ペン"問題や、プエルトリコやハリケーン『マリア』への対応に関する発言などを通じて、自身の信用を傷つけてきた」とし、「こうした一般認識から、大統領がメッセージを伝えることに力を注ぐほど、恐らく逆効果になる」と話した。

コニンディク氏はさらに、何事も"自分中心"なトランプ大統領の傾向も、新型コロナウイルスの感染拡大に備える中では非常に問題だと指摘する。

「今、注目すべきは、大統領ではない」とコニンディク氏は言う。

「今、注目すべきは、誰かの選挙の見通しではない。注目すべきは、リスクや、人々が身を守り、自ら備えるために何が必要かに関する率直さと透明性だ」

マスクをする人々

フィレンツェにあるサンタ・マリア・ノヴェッラ駅では、旅行者たちがマスクを着用していた(2020年2月24日、イタリア)。

Laura Lezza/Getty Images

「大きな政治的リスクを負っている」

トランプ大統領が、新型コロナウイルスがもたらし得る影響を大きく見せまいとするのは、株式市場に与える打撃への懸念とつながっているようだ。感染拡大に対する不安が高まる中、市場も影響を受けている。

再選を目指しているトランプ大統領にとって、"好調な経済"は不可欠だ。大統領は自らの選挙キャンペーンで頻繁に市場の好調ぶりを誇り、アメリカの経済成長は自分のおかげだと自慢している。新型コロナウイルスに対する恐怖から株価が急落したことに、大統領は激怒していると報じられていて、2月26日には、不要な警戒を広めたメディアのせいだと主張した。

「評価の低いフェイクニュースのMSDNC(コムキャスト)とCNNが、市場をパニックに陥れるなど、カロナウイルスをできるだけ悪く見せるためにあらゆる手を尽くしている」とトランプ大統領はツイートした(編集注:トランプ大統領がコロナウイルスを"Caronavirus"とツイートしたため、一部ユーザーから突っ込みも入っている)。

大統領が株式市場への影響にばかり目を向けているのは「非常に心配だ」とコニンディク氏は言う。

人々に「これは大きな問題ではない…… と市場を動揺させないために」言うことで、大統領は「不正確なリスクメッセージ」を送っていると、同氏は指摘する。

そして「純粋な政治的観点」からしても、これは「驚くほどバカげた」アプローチだと語った。

「正しいリスクコミュニケーションを犠牲にし、短期的な市場の安定を取ることで、大統領は —— もしかしたら無意識に —— 大きな政治的リスクを負っている。これは大統領にとって、裏目となりかねない」とコニンディク氏は言う。

「パンデミックが起きそう」

アメリカを含め、世界全体でリスクは大きいとの認識が広まる中、公衆衛生の専門家たちは新型コロナウイルスに対するトランプ政権のこれまでのアプローチに不安を感じている。中でも、影響を実際より軽く見ようとするトランプ大統領の姿勢に懸念を示している。

「トランプ大統領が先走って、全て平常通りと言っているのは明らかだ。2週間ほど前には、気温が上がるから(ウイルスは)4月までにいなくなるだろうと言っていた。現時点で、我々はそうは考えていない」と、ハーバード大学公衆衛生大学院の疫学者で医療経済学者のエリック・ファイグル・ディン(Eric Feigl-Ding)氏はINSIDERに語った。

「CDCは何が起こり得るのか、現実を伝えようとしていて、パンデミックが起きそうだとの見方に、科学の専門家たちも皆、同意見だ」とファイグル・ディン氏は言う。

特に、アメリカでは新型コロナウイルスの検査が限られていることが問題だと、同氏は指摘している。CDCが送った検査キットに欠陥が見つかったことも影響している。これが、アメリカ国内の実際の感染者数を把握する政府の能力の妨げとなっている。韓国が3万5000件以上の検査を実施している一方、アメリカが検査したのはたったの約500人だ。

こうした状況から、ファイグル・ディン氏はトランプ大統領や国家経済会議(NEC)のラリー・クドロー委員長といった大統領の協力者たちが「アンダーコントロールだ」と言うのは、「無責任」だと言う。

「ほぼ検査がされていない状態で、全ては"アンダーコントロール"というのは、本当に本当に愚かで不誠実だ。実際の流行状況がほとんど見えない中で、何も問題はないと言うことは、非常に無責任だ」とファイグル・ディン氏は語った。

アメリカは新型コロナウイルスへの備えがどれだけできているか、ファイグル・ディン氏に1~10で評価を尋ねると、同氏は「5」と回答し、トランプ政権の情報伝達は「一般市民を混乱させている」として「D」評価を付けた。だが、CDCは感染拡大は避けられないと、「本当のことを話している」とコメントした。

「我々は立ち遅れている。大きく立ち遅れているかもしれない」とコニンディク氏は言う。

「一般認識と実際のリスクの間には大きなズレがある。人々は何カ月も、アメリカのリスクは低い、アメリカのリスクはアンダーコントロールだ、重要なのは封じ込めだと聞かされてきた。それが、感染が拡大し始めたらどうするか、いつ感染が拡大し始めるかといった人々の認識にある種の悪影響を与えた」

[原文:Public health experts warn Trump's history of lying about crises is a 'real problem' as he downplays coronavirus and contradicts the CDC

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

若い夫婦ほどお金の話をするのはなぜか?

夫婦

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み