BI Daily Newsletter

「応募者80万人、採用8000人」マッキンゼーの狭き門を突破する方法。採用担当者に聞いてみた

マッキンゼー コンサルタント

マッキンゼーの採用ディレクター(北米担当)、ケリー・ケイシーがBusiness Insiderの取材に応じた。

Courtesy of McKinsey

  • マッキンゼーの採用プロセスはきわめてし烈な戦いだ。2018年は80万件の応募があり、採用されたのはそのうち8000人にすぎない。
  • Business Insiderはマッキンゼーの採用ディレクター2人に直接取材した。
  • たくさんの応募者のなかで自分を際立った存在に見せる効果的な方法は、ソフトスキル、なかでも取引先や同僚と対話して関係を築く能力を強調することだ。
  • マッキンゼーの面接であなたの人間性とリーダーシップスキルをいかに示すべきか、見てみよう。

マッキンゼーに就職できる可能性はおよそ1%だ。2018年中に採用されたのは、応募者80万人中8000人だけだった。

リクルーターたちに取材してみると、応募者それぞれが素晴らしい経歴の持ち主ながら、そのなかでフルタイム社員として採用されるのは多様なソフトスキルを持った人だけだということがよくわかる。

94年(1926年創業)の歴史をもつコンサルティングファームの敷居は高い。ベイン・アンド・カンパニーやボストン・コンサルティング・グループのようなトップ企業と同様、MBA取得者が多い。世界最高のビジネススクールとして知られるINSEAD(インシアード)の卒業生の3割はこの3社に採用され、マッキンゼーについては全従業員の4割をMBA取得者が占める

マッキンゼーに就職するMBA取得者の基本年収は16万5000ドル(約1815万円)。業績連動の賞与が4万1250ドル(約454万円)、サインボーナス(契約金)が3万ドル(約330万円)だ。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み