BI Daily Newsletter

【衝撃証言】ブルームバーグ社内で「性的嫌がらせ」「差別行為」数十年続く。従業員たちの告発

マイケル・ブルームバーグ

米民主党の大統領選候補者によるテレビ討論会に参加した前ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏。

Getty Images

  • 米大統領選挙の民主党指名候補の1人、マイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長は討論会で、自身が経営する金融メディア・ブルームバーグの社員が不適切な行為に及んでいたとの批判について、「過去の話」と切り捨てた。
  • しかし、ニュースルームのシニアエディター少なくとも1人が、女性が内部で批判の声をあげたあとも不適切な行為は続いていたと指摘していることが、Business Insiderの調査により明らかになった。
  • 10人を超えるブルームバーグ元社員の証言によれば、元ワシントン支局のアル・ハントは、同僚に罵倒を浴びせ、女性スタッフに性的嫌がらせを行うなどして告発されたにもかかわらず、2度の金銭的解決を経ながら、社内的な処分は一切なかったという。
  • ハントは性的嫌がらせを否定している。告訴について、ブルームバーグ広報は「告発に対応した事例があることは間違いない」としている。
  • ブルームバーグ氏は、自身の女性への不適切な発言についても過去のこととしているものの、少なくとも2014年に社内で性差別的な発言を行ったことが、元従業員の証言から明らかになっている。
  • 別の従業員によると、ブルームバーグ氏はかつて「太った女性」が会社の代表だと思われたくないという理由で昇進を拒んだことがあるという。その女性は現在、ブルームバーグ氏が「女性の擁護者」だと宣伝するコマーシャルに出演している。

ブルームバーグ氏は2月に米ネバダ州で行われた民主党の討論会で突如、一方的な防戦に追い込まれた。1981年に彼が設立した金融データサービス会社で、社員たちに対し人種差別、性差別なふるまいを行っていたことについて、(同じ指名候補者の)エリザベス・ウォーレン上院議員から批判されたからだ。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み