楽天モバイル新料金「月額2980円」は本当に使い放題? 知るべき5つポイント

Rakuten UN-LIMIT

楽天は携帯電話事業を4月8日から開始すると発表。新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」を披露した。なお、発表会は新型コロナウイルスの影響で、生中継での開催となった。

出典:楽天

楽天が3月3日、携帯電話事業(MNO)の新料金プランを発表。4月8日からサービスを開始すると発表した。これまでは「無料サポータープログラム」として、人数限定で実質的なβテスト的に展開してきたが、ようやく「第4のキャリア」の料金的立ち位置を明確にしてきた形だ。

プランは基本料金月額2980円(税別)の「Rakuten UN-LIMIT」のみというシンプルな設定。機能にあわせてオプション料金が付与される仕組みだ。

また、楽天は、契約者数300万人までは「基本料金を1年間無料にする」とも発表している。3月3日の発表会後、同社は新規契約の先行申し込みを開始したが、楽天モバイル公式サイトはつながりにくい状態が続いている(3月3日23時時点)。

Rakuten UN-LIMITの特徴は、2980円で楽天回線利用ならデータ容量無制限という点。しかし、楽天はいまだ東名阪を中心とした限られたエリアにしか独自の基地局を設置できておらず、それ以外のエリアではKDDIのネットワークを間借りしている。新料金では、そのKDDI回線利用分は「月2GBの制約がある」など、従来の大手3キャリアとは違った注意が必要なものになっている。

同社の発表会などで明らかになった楽天携帯事業の5つのポイントをまとめてみた。

1. 月額2980円のデータ使い放題プラン、ただし……

Rakuten UN-LIMIT 概要の表

料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」の概要。

出典:楽天

改めてRakuten UN-LIMITのプラン詳細をシンプルに振り返ってみよう(下記の価格はいずれも税別)。

  • 基本料金は月額2980円のプラン、1つのみ
  • 国内データ容量は楽天回線エリアでは無制限、KDDI回線エリアでは月2GBまで
  • 月2GB到達後は上下128kbpsに制限(楽天回線エリア内では常時制限なし)
  • 高速データ通信の容量追加は、1GBあたり500円
  • 国内通話料はRakuten Linkアプリ利用の発信で0円(通常発信時は20円/30秒)
  • 国内SMS料金もRakuten Linkアプリ利用の送信で0円(通常送信時は3円/全角70字)
  • 契約者はSPU(スーパーポイントアッププログラム)で楽天市場でのポイント還元率が常時+1%
  • 最低利用期間や契約解除料金は「なし」

楽天のエリア

楽天モバイルは全国で利用できるが、楽天回線とローミング先であるKDDI回線のエリアでは、使用できるデータ容量が異なる。

出典:楽天

楽天サービスの実用性は当初から指摘されていたとおり、「楽天回線エリアの拡充次第」だ。同社は3月現在の自社回線の提供エリアについて「東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県の一部」としている。

重点的に準備を進めている東京、名古屋、大阪エリアに関しても、確かにエリアの拡充は進んでいるが、いまだ特定の建物のエリア内や地下鉄構内はKDDI回線につながるなどの現状がある。

つまり、東名阪エリア以外のユーザーにとって、現時点の楽天モバイルを契約するメリットは薄い。また東名阪エリア内であっても、楽天の独自エリアのカバー次第で必ず「データ使い放題」を享受できるわけではない。

2. 契約者数「300万名」までは1年間基本料無料

1年無料

300万名限定で基本料は無料となる。

出典:楽天

楽天広報によると「300万名」とは3月3日から申込受付を開始した新規契約者のみではなく、4月8日から受付を開始する最大2万5000人の「無料サポータープログラム」からの移行ユーザー、NTTドコモおよびKDDI回線を借りて運営する「MVNOの楽天モバイル」からの移行ユーザーを含む数としている。

3. 格安SIMの現・楽天モバイルの終了時期は未定

スケジュール

本格サービスがスタートする4月8日までのスケジュール。

出典:楽天

発表会では格安SIM(MVNO)の楽天モバイルに関しては、4月7日をもって新規契約の受け付け終了がアナウンスされた。

MVNOの楽天モバイルの料金プランは、NTTドコモ回線で月額2980円・月2GBの「プランS」から月額6980円・月24GBの「プランLL」まで4種類の「スーパーホーダイ」のほか、容量や回線の種類、通話オプションが選べる「組み合わせプラン」といった複数のプランが存在する。

バリエーションもさることながら、最低利用料金は通話SIMで1250円、データSIMで525円(いずれも通信の上り下りともに常時200kbps)と“データ通信をあまりしない人”に対しての選択肢があった。

一方、Rakuten UN-LIMITは前述のとおり、データ容量・料金の選択肢は1つしかない。「なるべく料金を安くして携帯電話を使いたい」いう人の目に、新料金プランがどう映るかは未知数だ。

MVNO 楽天モバイルの料金

現行の楽天モバイル(MVNO)の料金は複数あった。

出典:楽天

同社広報は1年間の基本料無料キャンペーンについて「楽天モバイルをお試しいただく方やMVNOから移行されたい方にぜひご利用いただきたい」とその意図を説明。無料期間で楽天が描くデータ使い放題の世界をユーザーに体験してもらい、その価値を判断してもらう姿勢だ。

なお、仮に4月8日までに新規契約者数が300万名を超えた場合について楽天広報にたずねたところ「状況を見て判断したい」と、人数を拡張してキャンペンーンを継続する可能性も否定しなかった。

楽天モバイルの山田善久社長は「サービスとしては当面継続していく」とMVNOサービスの終了時期について明言は避けた。いずれにせよ、ネットワーク設備・基地局に多額の投資をしているだけに、投資を回収できないMVNOユーザーの巻き取り施策に注力するのは明らかだろう。

4. 専用アプリで「通話・SMSは(海外発信を含め)無料」

Rakuten Link

RCSを活用したRakuten Linkアプリで通話・SMSの「使い放題」を実現する。

出典:楽天

一方、ユーザーにメリットある特徴として挙げたいのは、「Rakuten Linkアプリ」の機能だ。

Rakuten Linkアプリを利用すると、

  • 国内通話の発着信
  • 海外から国内への通話の発着信
  • 国内SMSの送受信
  • 海外から国内へのSMS送受信

がすべて無料になる。

やや専門的な話になるが、Rakuten Linkアプリは国際規格であるRCS(Rich Communication Service)の仕様に則って実装されている。Rakuten Linkアプリを介した通話は通常の回線通話とは仕様も品質も異なる。ただし、本格サービス開始後に問題なく使えるとすれば、電話番号を利用した通話や、SMSの多いユーザーや海外出張の多いユーザーには価値あるサービスとなる。

また、Rakuten Linkアプリの詳細ページには「国内、または海外ローミング用データ容量を消費しません」と書かれており、通話やSMSを多用したとしても、国内・海外ローミングのデータ容量を圧迫しない点も注目したい。

5. 「政府は評価」も新料金プランの価値は今後のエリア展開次第

基地局の計画

楽天は総務省に提出した計画より早いペースで自社回線エリアの整備を進める方針。

出典:楽天

なお、通信業界に「4割値下げ」などの利用料金削減を強く求めてきた菅義偉官房長官は、楽天発表会の同日午後の定例記者会見で以下のように発言。楽天モバイルの新料金プランを歓迎する姿勢を示している。

「個社の個別の料金プランについて、コメントすることは控えるが今般、楽天モバイルが発表した料金は、一昨年の時点で大手携帯事業者の料金水準の半額以下の水準であり、海外の主要事業者と比べても相当に安い水準となっているのではないか」(菅官房長官)

ただし、以上のように、データ容量と料金にまつわる主な部分は「楽天回線エリアの拡張による」という結論になってしまう点が多い。

楽天モバイル山田社長は、総務省に提出している建設計画より前倒しで基地局を展開する方針を明らかにしているが、現実的な使い勝手は今後を見守るほかないだろう。

(文・小林優多郎)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み